豊岡のここに注目じゃ!「おやこ支援室って何する所?」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005645  更新日 平成30年7月24日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:なるほど玄さん

玄武岩の玄さんが堅いテーマも柔らかーく解説

〔市広報 平成30年8月号(7月25日発行号)から〕


イラスト:女の子

 玄さん、友達のお母さんがもうすぐ赤ちゃんを産むんだけど、いろいろ心配で、どこか相談できる所がないかなって言ってたよ?


イラスト:玄武岩の玄さん

 豊岡市は、そんなお母さんが気軽に相談できるように、健康増進課に「おやこ支援室」を作っとるぞ。


イラスト:女の子

 どんなことをしてくれるの?


イラスト:玄武岩の玄さん

 安心して妊娠や出産、育児ができるように、保健師が相談に乗って、必要な支援を切れ目なく行うんじゃ。


イラスト:女の子

 お腹に赤ちゃんがいるお母さん同士で話もしたいって言ってたよ。


イラスト:玄武岩の玄さん

 妊婦さんや生後6カ月までの赤ちゃんがいるお母さん同士の交流会「マタニティーママ&ベビー交流会」というのを年6回、アイティにある子育て総合センターと保健センターでやっとるぞ。


イラスト:女の子

 赤ちゃんが産まれた後、お母さんの体調が良くなかったらどうしたらいいの?


イラスト:玄武岩の玄さん

 お母さん自身がえらいときは、病院に宿泊したり、助産師に訪問してもらうことで、産後のケアを受けることができるぞ。


イラスト:女の子

 おじいちゃんやおばあちゃんが遠くで暮らしていて、赤ちゃんやおうちのことを手伝ってくれる人がいないって言ってたよ?


イラスト:玄武岩の玄さん

 「少し家事を助けてほしい、赤ちゃんのお風呂を手伝ってほしい、誰かに話を聞いてもらいたい」と思ったら、サポーターの訪問支援を受けることができるんじゃ。


イラスト:女の子

 相談は誰でも利用できるの?


イラスト:玄武岩の玄さん

 利用するには、条件があるものや費用が必要なものがある。おやこ支援室(電話番号:24-9604)に問い合わせてくんねぇな。


イラスト:女の子

 何でも相談できるところがあったら、お母さんやお父さんも安心だね。


注:子どもさん用に、振り仮名を振ってある広報版もあるぞ!
 下部からダウンロードして読んでくんねぇな!

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

政策調整部 秘書広報課 広報・交流係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。