豊岡のここに注目じゃ!「海外に羽ばたく『コウノトリ育むお米』」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009371  更新日 令和2年2月21日

印刷大きな文字で印刷

イラスト:なるほど玄さん

玄武岩の玄さんが堅いテーマも柔らかーく解説

〔市広報 2020年3月号(2月25日発行号)から〕


イラスト:女の子

 給食で食べている「コウノトリ育むお米」が、海外でも食べられているって本当?


イラスト:玄武岩の玄さん

 そうじゃ。4年前から輸出が始まって、米国、シンガポール、香港、オーストラリア、アラブ首長国連邦のドバイ、それに台湾でも食たべられているんじゃ。


イラスト:女の子

 へぇ〜。どんな人が食べているの?


イラスト:玄武岩の玄さん

 農薬を使わない『無農薬タイプ』のお米は安心できると言って買う人が多いのう。米国やオーストラリアの高級日本食レストランや、ドバイのリゾートホテルでは、シェフに気に入られて料理に使われておるぞ。


イラスト:女の子

 世界中のシェフが認めるくらいおいしいってことだね。


イラスト:玄武岩の玄さん

 おいしさだけじゃあないぞ。「コウノトリ育くむお米」は「コウノトリも住める環境」をつくるお米じゃ。絶滅した野生動物を復活させるために米作りを変えるなんて、普通はしないようなコトを、豊岡ではやっておる。そこに感動してこのお米を気に入った人も多いんじゃよ。


イラスト:女の子

 じゃあ世界中にコウノトリのことが知られるようになったら、もっとこのお米が気に入ってもらえるね。


イラスト:玄武岩の玄さん

 そうじゃな。コウノトリのためにも、いろんな人にお腹いっぱい食べてもらいたいのう。


イラスト:女の子

 日本ではいっぱい食べられているんでしょ?


イラスト:玄武岩の玄さん

 そうなんじゃが、いま日本ではお米を食べる量が減っておる。50年程前には、一人が1年で100キログラムくらい食べておったんじゃが、今ではその半分じゃ。それに日本では、人口が減り続けておる。


イラスト:女の子

 そっか! だから海外の人にもお米を食べてもらいたいんだね。コウノトリも、もっと暮らせるようになるし。


イラスト:玄武岩の玄さん

 おっ、いいところに気付いたのう。豊岡の風景を守もるためにも、豊岡の人にも海外の人にも「コウノトリ育くむお米」を食べてもらえたらうれしいのう。


注:子どもさん用に、振り仮名を振ってある広報版もあるぞ!
 下部からダウンロードして読んでくんねぇな!

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

政策調整部 秘書広報課 広報・交流係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。