【2022年5月26日】かなしきデブ猫ちゃん マルが豊岡にやってきた

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1022922  更新日 令和4年5月30日

印刷大きな文字で印刷

写真:悲しきデブ猫ちゃん マルと玄さんの記念撮影
悲しきデブ猫ちゃん マル(左)と
豊岡市のマスコットキャラクター 玄武岩の玄さん(右)

 2022年5月26日(木曜日)、豊岡小学校と豊岡市立図書館本館で、豊岡市在住の俳優 河合美智子さんによる読み聞かせが行われました。

 読み聞かせの題材となったのは、神戸新聞で毎週土曜日に連載中の創作童話「かなしきデブ猫ちゃん マルのはじまりの鐘」。「もっと広い世界を見てみたい」と愛媛県からフェリーに乗って兵庫県にやってきたクールなハチワレ猫 マルが、兵庫五国を巡って大冒険をする物語です。


 豊岡小学校の1年生約50人は、河合さんの読み聞かせを聞き、時々「城崎知ってる」「城崎温泉行ったことあるよ!」と河合さんに話しかけ、会話をしながら物語を楽しんでいました。

写真:河合美智子さんによる創作童話の読み聞かせ


 読み聞かせの後、マルがサプライズで登場すると児童たちの盛り上がりは最高潮に達し、マルとの交流も楽しんでいました。

写真:マルがサプライズで登場1
サプライズで登場したマルに手を振る児童たち
マルは想像していたよりも大きかった
写真:マルがサプライズで登場2
質問コーナーで「好きな食べ物は魚と練り物。旅の途
中で豊岡の美味しい物を食べたい」と答えていたマル
写真:マルがサプライズで登場3
児童たちは「フワフワだ!」「やわらかい!」と
マルに興味深々


 豊岡市立図書館本館での読み聞かせでは、西保育園の園児と図書館の利用者が河合さんの読み聞かせに耳を傾けました。

 また、玄武岩の玄さんもサプライズで登場し、マルの豊岡来訪を歓迎しました。

写真:玄さんもサプライスで登場

玄さん、西上副市長、マルの記念写真
豊岡市立図書館本館のいこいの庭で記念撮影
玄武岩の玄さん(左)、西上副市長(中央)、マル(右)

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

行政管理部 秘書広報課 広報戦略係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。