さつきちゃん募金 ありがとうございました!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024241  更新日 令和4年12月9日

印刷大きな文字で印刷

12月3日(土曜日)と12月4日(日曜日)、黒山羊さつきちゃんの小屋の柵を改修しました

地域の協力会の皆さんのチームワーク、モン博に集結

 今年6月から、地域の方々が発起人となり、さつきちゃん募金の取組みをスタートしました。これは、長年の風雨や老朽化のために、日本・モンゴル民族博物館で生まれ育った「黒山羊のさつきちゃん」が住んでいる小屋の柵の強度が落ちているのを見かねた地域の方々が、柵の修繕のために募金を行ったものです。

 当初は、材料費相当を募金目標として、集まった資金で改修できる分だけ修繕する計画で進んでいましたが、多くの皆様の温かいお気持ちが集まって、小屋本体部分を除く3辺の柵を全て新しくする募金が集まりました。

 ご協力いただいた皆様には、心から感謝申し上げます。さつきちゃんも喜んでいます!

 集まった募金で「木材、防腐塗料、セメントなど諸材料」を準備してくださいました。

 作業のマンパワーは、地域の協力会の皆様がボランティアで行ってくださいました。

 

黒山羊 さつきちゃん募金最終報告


完成写真
新しい柵が出来てさつきちゃんも大喜びです。
地域の皆様のご協力に感謝です。
募金をしてくださった全ての皆様へ感謝申し上げます。

 柵の改修を通して、改めて地域の繋がりというものを再認識しました。
「博物館協力会」という名のもと、地域の方々が本当に良くしてくださいました。

 募金そのものへの協力はもちろんですが「野菜の葉っぱ、さつきちゃん食べる?」とか「サツマイモの小さいの集めてきたでー」と言ってさつきの食料をいただいたり、「手伝うでー」と近所の小学生の子どもが遊びがてら来てくれて、防腐塗料を塗る作業を一緒にしてくれたり…。

 作業後には「次は小屋自体の修繕のために、募金続けたらどうだ?」「すぐではなくても未来に向けて」「区でも引き継いでいくでー」と温かいお言葉までいただきました。

 地域の中にある博物館として、これからも「より一層愛される博物館」を目指してスタッフ一同、頑張っていきたいなぁと決意を新たにしました。

画像:色塗り


1日目の作業風景

1日目の作業風景


2日目の作業風景

2日目の作業風景


さつきより御礼

さつき

私のためにありがとうございました!長生きします!

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化・スポーツ振興課 日本・モンゴル民族博物館
〒668-0345 豊岡市但東町中山711番地
電話:0796-56-1000 ファクス:0796-56-1022
問合せは専用フォームを利用してください。