神鍋高原スイカまつりが開催されました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008344  更新日 令和1年8月19日

印刷大きな文字で印刷

 2019年8月18日、道の駅「神鍋高原」駐車場で、午前10時から午後3時まで「第4回神鍋高原スイカまつり」が開催されました。

神鍋高原スイカとは

 神鍋高原は、昼と夜の寒暖差が大きく、火山灰と落ち葉で作られた「黒ボク土」という水はけが良く栄養を多く含む土壌を持つという特徴から、スイカの栽培に適しており、昭和20年代から盛んに栽培されてきました。
 近年、農家の高齢化や栽培の難しさから栽培面積が減ってきているため、道の駅では、スイカの苗や栽培に必要な用品の販売、栽培講習会の開催などを行い、日頃から神鍋の農家のスイカ栽培を支援しています。

 日頃の支援に加えて、改めて「神鍋高原スイカ」の対外的なアピールと、地域の元気づくりのためにと始まったのが「神鍋高原スイカまつり」です。

第4回神鍋高原スイカまつり

 4回目となる今回は、スイカのおまつり価格での販売、子ども限定のスイカ運び大会とスイカ割り大会、スイカ大食い競争、無料のスイカ振る舞いなどが行われ、老若男女でにぎわいました。

写真:スイカを販売する4人
農産物直売所役員による、スイカの直売。地元よりも県外のお客さんが多く、売れ行きも好調でした。

 「スイカ運び大会」は、3歳~幼稚園の部と、小学生の部を開催。14キログラムもある大きなスイカを、四輪車か二輪車に乗せて運び、ゴールするまでのタイムを競いました。

写真:スイカ運び大会幼稚園の部
3歳~幼稚園の部 お母さんと一緒に頑張ります。
写真:スイカを2輪車に乗せて走る嶋さん
小学生の部 好タイムを目指し走ります。

 「スイカ運び大会」小学生の部は、姫路市から来た嶋 諒子さんが優勝。家族でグランピングに来た帰りの参加で「グランピングではお肉の燻製(くんせい)がおいしかった、スイカももらえてうれしい」と満足そうに話してくれました。

写真:スイカを手に持つ嶋さん
優勝賞品の小玉スイカがプレゼントされました!

 「スイカ割り大会」は、10人が参加し、割れたのは5個。そのうちの一つを割ったのが、神戸市からスイカまつりのために家族で来たという中川楓京(ふみや)君。スイカ割りでスイカに棒が当たったのは初めてということで「初めて当たってうれしい」と笑顔で話してくれました。

写真:スイカ割り
みんなで声を掛けて誘導した結果、見事に当たりました!

 午後1時から行われた無料のスイカの振る舞いは、20分ほど前から列が伸び、わずか30分で完売と、大盛況でした。

写真:ふるまい用に切ったスイカ
振る舞われたスイカ。皮も薄くていい色です!

 これからも、甘くておいしい神鍋高原スイカの栽培が続き、たくさんの方に愛されますように。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

政策調整部 秘書広報課 広報・交流係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。