住宅改修支援事業

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1001926  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

介護保険制度では、要介護者または要支援者が住宅改修費の支給申請をする場合、介護支援専門員等が作成する住宅改修が必要な理由書を添付する必要があります。しかし、介護支援専門員等がこの理由書を作成しても、要介護者等がその月に居宅介護支援サービスを利用しない場合は、その理由書の作成だけでは居宅サービス計画費の給付対象とならないため、住宅改修理由書の作成1件に付き2,000円を支給する制度を設けています。

この制度により、居宅介護支援サービスを利用しない利用者であっても、介護支援専門員等に理由書の作成を依頼することができます。

問合せ

高年介護課保険給付係
電話:0796-24-2401
ファクス:0796-29-3144

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 高年介護課 高齢者支援係
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-29-0055 ファクス:0796-29-3144
問合せは専用フォームを利用してください。