ATR機「コウノトリ号」が初就航!

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006364  更新日 平成30年10月10日

印刷大きな文字で印刷

 平成30年10月6日、コウノトリのラッピングを施したATR機が初就航し、コウノトリ但馬空港で就航セレモニーが開催されました。

写真:コウノトリ号 1
虹を引き連れ、さっそうと降り立つ「コウノトリ号」

 ラッピングが施されたのは、但馬空港ターミナル株式会社が所有するATR42-600型機で、機体後部の左右に、朝日に羽ばたくコウノトリと「鸛(コウノトリ)」の漢字などが6メートルにわたってデザインされています。
 尾翼の鶴丸の下に位置するため、鶴と間違えられないように気を使うなど、随所に工夫とこだわりが込められたラッピングは、前日に鹿児島空港の格納庫で作業を完了し、台風の接近をものともせず、コウノトリのように力強く但馬の空に飛んできました。
 この機体は、但馬・伊丹間だけでなく、九州や沖縄など、日本エアコミューター株式会社(JAC)の運航路線を飛行するため、但馬路線の需要喚起や但馬地域のPRに大きな効果があるものと期待されています。

写真:コウノトリ号 2
写真と見間違うほど完成度の高いコウノトリのイラスト

 就航セレモニーでは、五荘小学校金管バンドが歓迎の演奏を行い、機長の吉川博之さんらに花束が贈呈された後、コウノトリ号の就航を記念して記念撮影が行われました。

写真:コウノトリ号3
歓迎の中、笑顔で降機
写真:コウノトリ号 4
就航を記念して記念撮影

 また、この日は「但馬 空の自然教室」も同時開催。
 台風25号の影響で、人気イベントの「セスナ体験飛行」と「体験タンデムスカイダイビング」が中止になりましたが、コウノトリ号の効果もあり、終日多くの人でにぎわいました。

写真:五荘小学校金管バンド
五荘小学校金管バンドの演奏も大盛況
写真:YS-11
YS-11型旅客機やエアロコマンダー680FLの一般公開は老若男女を問わず人気がありました

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

行政管理部 秘書広報課 広報戦略係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。