野生の小動物(タヌキ、ハクビシン等)やペット(犬、猫等)の死体のごみの出し方について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016720  更新日 令和3年3月24日

印刷大きな文字で印刷

 自然死、または交通事故死等による野生の小動物(タヌキ、ハクビシン等)やペット(犬、猫等)の死体は「一般廃棄物の燃やすごみ」として処理してください。

 

燃やすごみとして処理する手順

  1. 野生動物の死体を素手で触れないようにする。
  2. 野生動物の死体を袋に入れて箱に入れる。
  3. 「小動物の死体」と中身を表示し、市指定の燃やすごみ袋に入れる。
  4. 燃やすごみのステーションに出す。

 注:お骨を拾うことはできません。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 生活環境課 生活環境係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-5304 ファクス:0796-23-0915
問合せは専用フォームを利用してください。