事業所から出るごみ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000955  更新日 令和1年12月26日

印刷大きな文字で印刷

事業系ごみとは?

事業系一般廃棄物

 店舗・会社・工場・事務所などの営利を目的とするものだけでなく病院・学校・官公署など、広く公共サービス等を行っているところも含めて、事業活動から出される産業廃棄物以外のごみをいいます。

産業廃棄物

 燃えがら、汚でい、廃油、廃酸、廃プラスチック類などの法令で定められている廃棄物で、20種類あります。

特別管理産業廃棄物

 産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康または生活環境にかかる被害を生じる恐れがある性状を有するものなどの事です。
 特別管理産業廃棄物に該当する廃棄物は、特に厳重な管理の下、処分される必要があります。

処理の仕方

一般廃棄物

  1. 自分でクリーンパーク北但(豊岡市竹野町森本・坊岡)に持ち込む。
    分別して持ち込んでください。
    ただし、事業所から出るごみの中にはクリーンパーク北但で受け入れできない場合があります。
    詳細はクリーンパーク北但(電話21-9110)で確認してください。
  2. 市が許可した「一般廃棄物収集運搬業許可業者」に委託する。
    有償で、持ち込みを委託できるのは、市の許可を受けた「一般廃棄物収集運搬業許可業者」に対してだけです。許可業者への委託には、事業所から出るごみの量や種類、運搬距離などに応じて手数料が必要になります。
    なお、この場合も1と同じように分別が必要です。

産業廃棄物

 産業廃棄物指定20品目のうち、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ガラスくず、陶器くずの6品目は、クリーンパーク北但で受け入れます。
 それ以外の産業廃棄物は、産業廃棄物処理業者などの専門業者に処理を依頼してください。

事業系ごみの削減・リサイクル

 事業系ごみの中には、資源化できるものや、計画的に消費すれば減らすことが出来るものが多く含まれています。減量や資源化を積極的に行うことにより、下記の三つのメリットにつながりますので、ごみの減量・リサイクルにご協力ください。

  事業系ごみ削減・リサイクルのメリット

  1. 循環型社会を構築する一員として、次世代により良い環境を引き継ぎます。
  2. 社会貢献する企業として、イメージアップにつながります。
  3. ごみ処理に係る経費の削減につながります。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 生活環境課 生活環境係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-5304 ファクス:0796-23-0915
問合せは専用フォームを利用してください。