感染症予防に心掛け、心と体を健康に

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1014676  更新日 令和3年10月18日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化しています。
 緊急事態宣言の発出に伴い、外出自粛が求められる一方で、自粛に伴う運動不足と社会参加の減少による健康二次被害が問題となっています。
 感染予防に配慮しつつ、健康維持を心掛けましょう。

防ごう「健康二次被害」

感染予防対策をして、コロナに負けない体づくり

 新型コロナウイルスの影響で外出を控えた結果、運動不足になったり、人との関わりが減っている人が増加しています。その中で心配されるのが「健康二次被害」です。

健康二次被害として心配されること

  • 免疫力の低下
  • 肥満や生活習慣病の悪化
  • ストレスによる心の病
  • 筋力低下による転倒・骨折
  • 認知機能の低下

 定期的な運動は、健康二次被害の予防につながります。まずは手軽にできる散歩から始めてみませんか。

 普段の生活の中で座位時間が長くならないよう、意識して体を動かす機会を作りましょう。

 以下に筑波大学スマートウエルネスシティ政策開発研究センター作成のチラシを掲載しています。必要な方は下記までお問合せください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 健康まちづくり推進室
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-21-9095 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。