離乳食を始めましょう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007400  更新日 平成31年4月22日

印刷大きな文字で印刷

はじめに

 母乳やミルクしか飲んでいなかった赤ちゃんが、初めて食べ物を口にする離乳食。飲み込むこと、かむことを通してさまざまな食べ物の味や香り、食感を知って食べたい気持ちが育ちます。約1年かけて大人と同じような食事ができるようになるためのステップです。お母さんも笑顔でいられるように頑張り過ぎず、気長に赤ちゃんのペースに合わせて楽しみましょう。

離乳食を始めるサイン

首が座り、支えると座れる

食べ物に興味を示す

スプーンなど口に入れても舌で押し出すことがなくなる

よだれ、唾液が増えた

このようなサインが出てきたら、赤ちゃんの体調・機嫌の良い午前中にスタートしましょう!

 

進め方

 離乳食は舌や消化機能の発達、歯の生え方に応じて四つの時期に分けられます。初めはトロトロのポタージュ状の1さじのおかゆから始め、ゴックンの練習。だんだん水分を減らして、ドロドロ~ベタベタ~つぶつぶへ。モグモグできる豆腐の硬さ、そしてバナナの硬さ~かみかみできる肉団子の硬さへ。

 赤ちゃんの発達に合った食材を食べやすい形状で与えましょう。

イラスト:離乳食を食べる赤ちゃん

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 おやこ支援室
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-1127 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。