知っておきたい!禁煙とその効果

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006146  更新日 令和2年6月1日

印刷大きな文字で印刷

禁煙したら、どんな良いことがある? 

 たばこの煙は、肺がんを始め、動脈硬化、心筋梗塞などの発症率を高めるといわれており、吸っている人だけでなく、まわりの人の健康にも害を及ぼしているといわれています。
 喫煙者がたばこを吸わなくなれば、具体的にどんな良いことがあるのでしょうか?下の図をご覧ください。

たばこをやめると、こんな良いことがあります

玄さんイラスト:歯が黄色くならない、口臭改善、血行が良くなり肌の状態が良くなる、イライラしなくなる、息切れしない、よく眠れる、出費が減る、喫煙場所を探さずに済む など

禁煙開始約20分後から起こる「からだに良いこと」

禁煙を始めてから

からだに起こる変化

約20分後

血圧や脈拍が正常に近づく
手足の血行がよくなる

約8時間後

血液中の酸素濃度が正常値に戻り、呼吸が楽になる

約24時間後

心臓発作のリスクが減る

1~9カ月以内

咳、息切れ、疲労が減少する

1年後

冠状動脈(心臓)疾患のリスクが半分になる

5年後

脳卒中のリスクが、たばこを吸わない人のレベルまで下がる

10年後

肺がんの死亡率が、吸い続ける方の約半分になる。口腔、喉頭、食道、膀胱、腎臓、すい臓がんのリスクが減る

15年後

冠状動脈疾患のリスクがたばこを吸わない人のレベルまで下がる

たばこをやめられない、その原因は…?

 たばこをやめた方がいいのは分かっているけど、どうにもやめられない…それは、たばこの煙に含まれるニコチンによる「ニコチン依存」が原因であるといわれています。
注:あなたのニコチン依存度はどのくらい?⇒下記リンクからチェックしてみましょう。

 ニコチン依存の程度によっては、ニコチンガムやニコチンパッチなどの禁煙補助剤の使用、禁煙専門家のサポートを受けるほうが禁煙しやすくなります。
 禁煙補助剤の使用について相談に応じている薬局など、禁煙治療が受けられる医療機関は、下記リンクから検索できます。ぜひ、活用してください。
注:禁煙指導を行っている病院検索は、「病院・診療所・歯科診療所を探す」の一覧中「医療機能で探す」を選択→「精神科・神経科領域」にチェックを入れると、次の画面で「禁煙指導」を選ぶ画面が出てきます。

2020年4月1日から受動喫煙防止等に関する条例が全面施行されました

 受動喫煙防止については努力義務として定められていましたが、たばこの煙が人の健康に悪影響を及ぼすことから、望まない受動喫煙をなくす喫煙環境づくりが強化されました。
 2020年4月1日から学校、病院、行政機関などだけでなく、一般企業や飲食店、宿泊施設、集会場または公会堂などで建物内禁煙となりました。
 また、喫煙室を設置する場合は、施設内に喫煙区域があることを表示する必要があります。
 受動喫煙の防止等に関する条例の改正につきましては下部リンク「健康ひょうご21県民運動ポータルサイト」をご覧ください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 保健センター
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-1127 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。