「豊岡市の経済構造に関するアンケート」を実施します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1008316  更新日 令和1年8月16日

印刷大きな文字で印刷

 豊岡市の経済・産業構造を明らかにするための「豊岡市の経済構造に関するアンケート」(市内事業所調査)を実施します。アンケートは市内事業所に直接郵送していますので、回答にご協力をお願いします。

イラスト:事業所調査

調査

目的

 市内事業所の経済活動の実態を調査し、産業間や地域間での資金の流れ、付加価値額などを推計します。
 これらのデータを基に、豊岡市の産業構造などを示す統計表「豊岡市産業連関表」を作成します。

「産業連関表」で分かること・作成目的

各産業間の取引の状況や、お金の市内流入・市外流出状況などを推計把握することができます。

イラスト:豊岡市の経済循環

 上記は「平成23年豊岡市産業連関表」を基に作成した、平成23(2011)年の豊岡市の経済循環を表す図で、次のようなことが読み取れます。

  1. 市外からお金を稼ぐ傾向の強い「域外市場産業」の生産額は、1,496億円
  2. 市内でお金を循環させる傾向の強い「域内市場産業」の生産額は、3,553億円
  3. 「域外市場産業」は、お金を域外から1,309億円稼ぎ、域外に1,655億円支出している
  4. 「域内市場産業」は、お金を域外から911億円稼ぎ、域外に1,585億円支出している
  5. 市内の産業から住民にもたらされた所得は、1,633億円
  6. 住民所得のうち1,368億円は域内市場産業に、519億円は域外市場産業に消費される

(産業別の詳細等は、ページ下部「関連情報」をご覧ください)

豊岡市では、このような数値を把握し、合理的に経済政策を検討するため、産業連関表を作成します。

対象

豊岡市内の事業所 約1,500社(国基幹統計調査名簿に基づく抽出)

調査方法

記名式調査票を郵送し、返信用封筒によって回答を収集します。

内容

  1. 販売地域や金額に関すること
  2. 仕入れや原材料、利用サービスに関すること
  3. その他設備投資や従業員についてのこと 等

情報の取り扱いについて

  1. この調査によって取得した情報は、豊岡市の行う産業連関表の作成および経済分析以外の目的に使用しません。
  2. 調査票に記載された情報は、厳正に秘密を保持し一切公表しません。また、回答の集計結果であっても、個別の回答を特定できる内容により公表することはありません。
  3. 本調査では、市役所または調査事業者から、調査票の内容確認等の連絡をする場合がありますので、ご協力をお願いします。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

環境経済部 環境経済課 経済政策係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-4480 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。