豊岡市歴史的建築物保存活用検討委員会から「認定歴史的建築物の安全性確保等に関する指針(案)」の報告を受けました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003069  更新日 平成30年5月23日

印刷大きな文字で印刷

 市では、城崎温泉地区の景観を保全し、地区に残る歴史的・文化的にも価値のある木造建築物の保存活用を計るため、平成26年6月に「豊岡市歴史的建築物保存活用検討委員会」を設置し、建築基準法の適用除外を行う場合に求められる安全性の確保等についての検討を行ってきました。

 検討委員会では計8回の会議を開催して「認定歴史的建築物の安全性確保等に関する指針(案)」をとりまとめ、平成28年3月21日に検討委員会から市に報告を受けました。

 市では今後、関係機関との協議を重ねた上で建築基準法第3条第1項第3号に規定する「その他の条例」の制定など、建築基準法の適用除外に関係する仕組みを構築し、平成28年度中に「(仮称)城崎温泉地区における歴史的建築物の保存及び活用に関する条例」の制定と、「認定歴史的建築物の安全性確保等に関する指針」の策定を行うことにしています。

注:「認定歴史的建築物の安全性確保等に関する指針(案)」は、下部からダウンロードしてご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

都市整備部 都市整備課 景観政策係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1712 ファクス:0796-24-8254
問合せは専用フォームを利用してください。