「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律(文化観光推進法)」に基づく地域計画の提出について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016714  更新日 令和3年3月24日

印刷大きな文字で印刷

制度概要

 2020年5月1日施行された「文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光の推進に関する法律(文化観光推進法)」は、文化の振興を、観光の振興と地域の活性化につなげ、これによる経済効果が文化の振興に再投資される好循環を創出することを目的に制定されました。

 この制度は、文化・観光の振興、地域の活性化のため、文化についての理解を深める機会を充実させ、国内外からの観光客の来訪を促進することとしています。
 文化観光拠点施設を中核とした地域における文化観光を推進するための計画(拠点計画または地域計画の2種類があり、計画期間は5年)を作成し、主務大臣(文部科学大臣、国土交通大臣)に認定されることで、国の支援を受けることができます。

豊岡市文化観光推進協議会の設立

 地域計画の提出を行う上で、自治体、中核となる文化観光拠点、文化観光推進事業者を含めた協議会を設立する必要があり、協議を重ねた結果、以下のメンバーにて協議会を立ち上げることになりました。

推進協議会設立日

 2021年3月22日(月曜日)

実施体制

本協議会がめざす姿

 豊岡市の目指すまちの将来像である「小さな世界都市-Local&Global City-」の実現にむけたひとつのエンジンである“深さをもった演劇のまちづくり”を推進し、豊岡の突き抜けた価値を創造・再構築する。

協議会メンバー

名称 代表者 所在地

豊岡市

中貝宗治 兵庫県豊岡市中央町2番4号
豊岡演劇祭実行委員会 中貝宗治 兵庫県豊岡市中央町2番4号
豊岡ツーリズム協会 高宮浩之 兵庫県豊岡市中央町2番4号
一般社団法人豊岡観光イノベーション 中貝宗治 兵庫県豊岡市大磯町1番79号
但馬地域地場産業振興センター 5階
全但バス株式会社 桐山徹郎

兵庫県養父市八鹿町八鹿113番地1号

 地域計画を円滑かつ確実に実施するため、豊岡市が主体となり、統括的な事業の把握と検証等を実施します。その統括的な役割を大交流課が担い、文化振興課や城崎国際アートセンターなどの文化施設等と連携して事業を推進します。
 そして、豊岡市における観光DMOである、一般社団法人豊岡観光イノベーションや、旧市町毎の観光協会の連絡調整機関である豊岡ツーリズム協議会、全但バス株式会社と連携します。
 地域計画が認定された際には、計画目標が達成できるように協議会一丸となって文化観光の推進を図ります。

中核となる文化観光拠点

 城崎国際アートセンター(所在地:兵庫県豊岡市城崎町湯島1062)

地域計画提出日

 2021年3月24日(水曜日) 午後5時締切

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

環境経済部 大交流課 観光文化戦略室
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9081 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。