女性の就労に関する協定

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007613  更新日 令和1年5月10日

印刷大きな文字で印刷

豊岡市女性の就労に関する協定締結式

三者で豊岡市女性の就労に関する協定を締結しました

女性の就労に関する協定締結式
(向かって左から)中貝宗治豊岡市長、畑中啓良兵庫労働局長、豊岡市ワークイノベーション推進会議の岡本慎二会長

 豊岡市と厚生労働省兵庫労働局、豊岡市ワークイノベーション推進会議の三者は、令和元年5月8日「豊岡市女性の就労に関する協定」を締結しました。女性就労に限定した雇用対策協定は県内初となります。

 市では、多様性を受け入れ支え合うリベラルなまちづくりを進める上で、現時点で最大の課題というべきジェンダーギャップの解消に関する取組みを、官民一体となって職場を切り口に進め、まち全体のジェンダーギャップの解消につなげようとしています。今回の協定はこの取組みの第一歩です。

 協定締結式の終了後に、三者の関係者による運営協議会が開催され、雇用保険法育児休業給付件数を年間男女140人にすることやハローワークでの女性就職件数を年間1千件にすることなど六つの数値目標や具体的な事業内容を盛り込んだ本年度の事業計画などを決定しました。今後、女性が働きやすく働きがいのある職場を増やすために、三者で連携を密にして取組みを進めていきます。

注:ジェンダーギャップ…性別に基づき定められた社会的属性、機会等の格差

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

総務部 ワークイノベーション推進室
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9004 ファクス:0796-23-6604
問合せは専用フォームを利用してください。