子育て中だから活躍できる!「赤ちゃん先生クラス」開催

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1005442  更新日 令和2年5月19日

印刷大きな文字で印刷

赤ちゃん先生クラスとは

写真:赤ちゃん先生の様子

 「赤ちゃん先生クラス」とは、神戸に本部を置く「NPO法人ママの働き方応援隊」の活動で、赤ちゃんとママが一緒に小中学校や高齢者施設を訪問して行う交流プログラムです。担当するのは、養成講座を受講した子育て中のお母さんたち(ママディレクター)で「子育てをブランクではなく、キャリアに!」を合言葉に活動しています。

田鶴野小学校での開催の様子

写真:赤ちゃん先生クラスの様子

 2018年6月21日、田鶴野小学校の4年生25人を対象に「赤ちゃん先生プログラム」の授業が行われました。4組のママディレクターと赤ちゃんが登場すると、児童から「小さいな!」「かわいいな!」という声が上がりました。赤ちゃんの自己紹介の後は、児童が6、7人のグループに分かれ、それぞれ月齢の違う赤ちゃんとの交流を行いました。

 1歳の赤ちゃんに靴下を履かせる体験では、児童が手のひらに収まるほど小さな足に触れて、「ちいさいなあ。力を入れたら壊れちゃいそうや」と言いながら、優しく靴下を履かせていました。

 生後2カ月の赤ちゃんのグループでは、立てない赤ちゃんの「小ささ」を実感するにはどうしたらいいだろう、という疑問に「寝転がって、背比べしよう!」という児童のアイデアで、みんなが横に一列に寝転がる場面もありました。

「いのちへの共感」につながる取組み

写真:赤ちゃん先生クラスの様子

 交流を終え、児童らは気付いたことや感じたことを発表しました。「赤ちゃんのお世話は本当に大変だと思った」「僕もこうやって、お世話してもらったんだと思った」という感想が聞かれました。

 また、ママディレクターは最後に「あなたにも、おともだちにも、慈しんで育ててくれた親御さんがいることを、感じてほしいです」と伝えました。

 豊岡市ハートリーフ推進室では「赤ちゃん先生クラス」を開催する学校や地域コミュニティを募集しています。気軽に問い合わせてください。

赤ちゃん先生クラスの様子

赤ちゃん先生クラスの様子

赤ちゃん先生クラスの様子

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 ハートリーフ推進室
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-21-9100 ファクス:0796-24-4567
問合せは専用フォームを利用してください。