豊岡市・神戸大学共同研究(2021年度 外国人市民に関する調査研究事業報告会)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017917  更新日 令和3年8月31日

印刷大きな文字で印刷

外国人市民に関する調査研究事業報告会を行いました

 2019年4月から、外国人市民に関して、神戸大学と共同研究を行っています。2019年度の調査結果を踏まえ、2020年度からは、外国にルーツのある子ども(親の両方あるいは一方が海外出身か外国籍である子ども)について調査を進めてきました。報告会を開催しましたので、その内容について次のとおりお知らせします。

報告会の概要

日時

2021年8月17日(火曜日)午後1時30分~午後3時30分

場所
豊岡市役所 2階 大会議室
内容
  1. 2020-21年度調査研究の背景と概要(神戸大学 佐々木祐さん)
  2. 外国人女性の妊娠・出産・乳幼児育児に対する支援の現状と課題
    外国にルーツのある子どもとその保護者の就学前施設における現状と課題(大阪教育大学 小林和美さん)
  3. 外国にルーツのある児童の小学校における現状と課題(京都女子大学 奥井亜紗子さん)
  4. 放課後児童クラブ聴き取り調査報告(神戸大学 白鳥義彦さん)
  5. 外国にルーツのある中学生の生活・課題・将来(神戸大学 佐々木祐さん)
  6. 外国人就労状況の変化ー事業所追加調査報告ー(日本大学 梅村麦生さん)
  7. まとめと提言(神戸大学 佐々木祐さん)
  8. 質疑応答
写真:報告会の様子
報告会の様子

 

 外国にルーツのある子どもが在籍する小中学校等の教職員と関連部署および外国人支援団体等への聴き取り調査を行いました。その調査結果について神戸大学研究チームから報告を受けました。

 学校だけでなく地域や外部の方とつながることで外国にルーツのある子どもやその保護者をサポートすることの大切さ、外国人市民を社会的・文化的・言語的に孤立させないために地域や専門機関に「つなぐ」人や仕組みの重要性、「違い」を認め、評価することにより、外国人市民の有する能力・資源を発揮し、活躍できる環境を構築することなどについて提言を受けました。

 詳細は、下記の資料を確認してください。

 

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

政策調整部 政策調整課 政策調整係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9022 ファクス:0796-24-5932
問合せは専用フォームを利用してください。