平成30年度豊岡農業スクール入校式を開催しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1006367  更新日 平成30年10月11日

印刷大きな文字で印刷

入校式

 平成30年10月4日、豊岡農業スクールに新たに和久田真吾さんを研修生として迎えることになり、豊岡役所本庁舎で入校式を行いました。入校証が交付された後、和久田さんは農業研修への決意を宣言しました。

 大阪府堺市出身の和久田さん。子どものころから農村が好きで、2年間農家に体験居住した経験もあるそうです。大学では農業を専攻し、実際に農業をした経験もあります。このたび「自然の中で農業がしたい」と、豊岡の地を選びました。

 受け入れ農家は、坪口農事の平峰英子さんです。生徒と一緒に、新しいチャレンジをしたいと話しています。

 コウノトリ野生復帰の取組みにも関心がある和久田さんには、豊岡の農業を支える立派な担い手になってもらえるものと大きな期待が寄せられています。

 平成30年度豊岡農業スクールは、在校生3人、4月入校生2人に加え、6人目の研修生となりました。

 

写真:前野副市長から入校証を受け取る和久田さん
【入校証授与】
写真:市長室で決意表明
【決意表明の様子】

豊岡農業スクールについて

 農家の高齢化や後継者不足で、農業の担い手が減少する中、担い手農家を確保することが大変重要な課題です。この課題を解消し、新規就農者や農業後継者を育成するため、平成25年度に豊岡農業スクールを開校しました。平成30年9月末現在5人の研修生が、農業生産技術や知識を習得するために、受け入れ農家である認定農業者の下で日々研修に励んでいます。

 

概要

  1. 研修期間:原則1年間(更新で最長3年間)
  2. 研修条件
    • 研修時間:週40時間(1日8時間×5日間)
    • 研修給付金:月額10万円
  3. 研修場所等:市内の認定農業者の下で、実際の農作業を通じて農業に必要な知識等を習得する。
  4. 事業実施主体:豊岡市認定農業者連絡協議会
写真:研修生と関係者集合写真
【研修生の和久田さんほか関係者】

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 農林水産課 農政係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1127 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。