【豊岡市内で事業を営む皆さんへ】中小企業者省エネ設備等導入支援補助金(第2弾)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1026051  更新日 令和5年5月15日

印刷大きな文字で印刷

中小企業者省エネ設備等導入支援補助金

 エネルギー価格(電気、ガスおよび燃料油の価格)高騰の影響を受ける事業者が市内の事業所においてコスト削減を図るため、必要となる省エネ設備等導入に係る費用を補助します。

対象者

中小企業者(中小企業基本法第2条第1項に規定する中小企業者をいう)で、次のいずれかの者。

  • 市内に主たる事業所を置く中小企業者
  • 豊岡市企業立地促進条例第3条第1項に規定する区域に事業所を置く中小企業者
中小企業者の範囲

業  種

中小企業者

(下記のいずれかを満たすこと)

資本金の額または

出資の総額

常時使用する

従業員の数

(1)製造業、建設業、運輸業

 その他の業種((2)~(4)を除く)

3億円以下

300人以下

(2)卸売業

1億円以下

100人以下

(3)サービス業

5,000万円以下

100人以下

(4)小売業

5,000万円以下

50人以下

豊岡市企業立地促進条例第3条第1項に規定する区域

地域

地 区

豊岡

奈佐地区、五荘地区(森津、滝、新堂、岩熊、江野、伊賀谷)、港地区(気比、田結、畑上、三原)、神美地区

城崎

湯島・今津・桃島を除く地域

竹野

全域

日高

日高地区・国府地区を除く地域

出石

菅谷地区、福住地区、寺坂地区、小野地区、小坂地区(田多地、安良)

但東

全域

注:以下に該当する者は対象外です。

1.個人事業者、株式会社、合名会社(士業法人含む)、合同会社、合資会社および有限会社以外の者
 (例:社会福祉法人、医療法人、特定非営利活動法人、一般社団・財団法人、公益社団・財団法人、
    学校法人、農事組合法人)

2.2022年度豊岡市中小企業者省エネ設備等導入支援補助金(いわゆる第1弾)の採択者

  注:第1弾の採択者(抽選結果)は下部のとおり

3.市税を滞納している者

4.暴力団等反社会的団体もしくはそれらの構成員またはそれらが関係する者

5.政治活動、宗教活動を行う事業者

6.風俗営業等の規制および業務の適正化等に関する法律第2条各項に規定する営業を主に営む者

7.公序良俗に反する事業を行う者

8.その他市長が適当でないと認めるもの

 

  注:営んでいる事業の業種を確認する場合は、下記の総務省ホームページをご覧ください。

補助率および補助金額

  • 補助対象経費の2分の1以内(1,000円未満切捨て)
  • 上限50万円

補助対象経費

市内の事業所(注1)において事業の継続または経営の改善のために必要な省エネ設備等導入に係る費用で、下記のいずれにも該当するもの(消費税は対象外)。

注1:豊岡市企業立地促進条例第3条第1項に規定する区域に事業所を置く中小企業者にあっては、当該区域内の事業所に限る。

  • 専ら事業に用いるもので、コスト削減が見込めるもの
    ただし、日本標準産業分類に定める農業,林業および漁業に該当する事業を除く。
  • 原則、市内の事業者に契約・発注・支払いを行うもの
  • 全体の事業費が税抜200,000円以上のもの
  • 2024年1月末までに設備等導入を完了するもの

補助対象経費の例

照明設備、空調設備、燃料燃焼設備、その他省エネ効果が得られる設備費や省エネ設備の導入に伴う工事費(事務所のLED化、二重窓および高断熱サッシへの改修費・工事費など)
事業用自動車(注2)、特殊自動車(注3)など


注2:道路運送法第2条第8項に該当するもの(自動車運送事業者がその自動車運送事業の用に供する自動車)
注3:機械および装置に分類されるブルドーザー、パワーショベルなどの土木建設機械

補助対象経費の一例

補助対象外となるもの

  • 消耗品(例:LED電球のみの購入)
  • 少額(税抜5万円未満)の家電製品
  • 情報端末(パソコン、タブレット、携帯電話、テレビ、モニターなど)
  • 自家用自動車
  • 娯楽業務用設備
  • 太陽光発電設備等の再エネ設備
  • 市外の事業所に設置する設備
  • 増設等により全体のエネルギー消費量が増加する設備
  • 住居用と事業用で共用する設備その他業務用以外の設備
  • 販売や貸付(自社にて販売・賃貸する物件への設置等を含む。)を目的とする設備
  • 中古品またはリース取引・割賦契約により取得する設備
  • 各種保証・保険料(延長保証など)
  • その他、市が不適切と認めるもの

補助対象外の一例

国、県または豊岡市の他の補助制度を利用できる場合は、その制度の利用を優先してください。

申請エントリーの方法

補助金の申請エントリーを希望される方は、以下の書類を持参または郵送により提出してください。

  1. 申請エントリーシート
  2. 省エネ設備の性能等が確認できる資料の写し(更新前後の設備等のカタログ、チラシ、仕様書など)
  3. 市内に主たる事業所を置くことが分かる書類(個人事業主:開業届の写し、法人:登記事項証明書の原本)または指定区域に事業所を置くことが分かる書類(市内に主たる事業所を置いていない場合に限る。営業許可証の写しなど)
  4. 直近の確定申告書の写し
  5. 見積書の写し
  6. 建物外観、設備設置箇所の内観更新前設備の写真
  7. 設備等を導入する箇所が分かる建物平面図

その他

  • 申請エントリーは1申請者1回限りです。
  • エントリーシート裏面の誓約・同意事項をご確認のうえ、漏れなくチェックしてください。
  • 申請エントリーに必要な書類の最終チェックを、提出書類チェックシートにより行ってください。
  • 申請エントリーが多数となり、予算を超過する場合は、対象者全員に同率を乗じて補助申請額を減じ、予算の範囲内で対象者全員を採択する予定です。

提出先

豊岡市役所 コウノトリ共生部 環境経済課

 〒668-8666 豊岡市中央町2番4号

申請手続きの流れ

第2弾申請フロー

  1. 申請エントリーシートおよび添付書類の提出(2023年6月14日(水曜日)午後5時必着)
  2. 補助金交付申請手続きの案内(2023年6月中旬)
  3. 補助金交付申請手続き(2023年7月上旬~8月上旬)
  4. 補助金交付決定
  5. 事業着手(契約・発注など)
    (注:補助金交付決定前(4の補助金交付決定前)に着手したものは補助対象外です。)
  6. 事業完了および支払い
  7. 補助事業の完了報告および補助金請求手続き(2024年1月下旬まで)
  8. 補助金振込み

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 環境経済課 経済政策係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-4480 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。