豊岡市内の野生イノシシでの豚熱感染確認について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1020914  更新日 令和4年7月20日

印刷大きな文字で印刷

豚熱に感染した野生イノシシが確認されました(7月19日更新)

 6月29日(水曜日)、豊岡市出石町奥小野で捕獲された野生イノシシ1頭について、生物科学安全研究所(神奈川県)において検査を実施した結果、7月7日(木曜日)に豚熱感染が確認されました。

豚熱に感染した野生イノシシが確認されました(7月4日更新)

 6月15日(水曜日)、豊岡市下宮で捕獲された野生イノシシ1頭について、生物科学安全研究所(神奈川県)において検査を実施した結果、6月28日(火曜日)に豚熱感染が確認されました。

豚熱に感染した野生イノシシが確認されました(6月27日更新)

 6月9日(木曜日)、豊岡市但東町佐々木で捕獲された野生イノシシ1頭について、生物科学安全研究所(神奈川県)において検査を実施した結果、6月16日(木曜日)に豚熱感染が確認されました。

豚熱に感染した野生イノシシが確認されました(3月25日更新)

 3月8日(火曜日)、豊岡市出石町荒木で捕獲された野生イノシシ1頭について、生物科学安全研究所(神奈川県)において検査を実施した結果、3月22日(火曜日)に豚熱感染が確認されました。

豚熱に感染した野生イノシシが確認されました(3月16日更新)

 3月12日(土曜日)、豊岡市田結で、死亡野生イノシシ1頭が発見されました。兵庫県朝来家畜保健衛生所において豚熱PCR検査を実施した結果、3月15日(火曜日)に豚熱感染が確認されました。

豚熱とは

 豚熱は、豚熱ウイルスの感染による豚とイノシシの病気で、家畜伝染病予防法の中で家畜伝染病に指定されています。人や他の動物に感染することはありませんが、人や車に不着したウイルスが運ばれることで感染が拡大する可能性があります。
 なお、仮に豚熱に罹患した豚等の肉や内臓を食べても人体に影響はありません。

山林に入る皆さんへのお願い

 ウイルスが付着した土などを靴底につけたまま歩き回ると、ウイルスを運んでしまう恐れがあります。感染拡大防止の観点から、付近の山中に入山する場合は、下山の時に靴底の洗浄にご協力ください。
  具体的にはブラシやウェットティッシュなどで汚れを落とし、可能な限り水で洗い流してください。

農林水産省ホームぺージ

死亡したイノシシを見つけた場合

 農林水産課(0796-23-1127)まで連絡してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

コウノトリ共生部 農林水産課 環境農業係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1127 ファクス:0796-24-7801
問合せは専用フォームを利用してください。