【2022年8月4日】NOMOベースボールクラブ全日本クラブ野球選手権大会出場報告

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1023507  更新日 令和4年8月5日

印刷大きな文字で印刷

 豊岡市に本拠地を置くNOMOベースボールクラブが、7月2日に行われた第46回全日本クラブ野球選手権大会西近畿予選において優勝し、4年ぶり、3大会ぶりに全国大会への切符を手にしました。

 8月4日、全国大会出場に際し、その報告を兼ねて、同クラブの清水 信英(しみず のぶひで)監督と、古田 琉翔(ふるた ると)キャプテンが市長室へ訪問されました。

 清水監督は「ひさしぶりの全国大会。メンバーも替わっている。これまでやってきたことを出し切り、頂点を目指したい」と全国大会への意気込みを話されました。

 古田キャプテンは「4年前は初戦敗退で悔しい思いをした。目の前の一戦一戦に全力を出し切り、いい報告ができるよう頑張りたい」と力強く語っていました。

 関貫市長は「ここまで来たからには絶対に優勝してほしい。これが我々の思い。体調管理にベストを尽くし全力で挑んでください」と激励しました。

 第46回全日本クラブ野球選手権大会は、今月の27日(土曜日)から29日(月曜日)まで、神奈川県の等々力球場、大和スタジアムで開催されます。

写真:清水監督(中央左)と古田キャプテン(中央右)
清水監督(中央左)と古田キャプテン(中央右)

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

行政管理部 秘書広報課 広報戦略係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9035 ファクス:0796-24-1004
問合せは専用フォームを利用してください。