ホールでの芸術文化イベント再開を支援します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011801  更新日 令和2年7月2日

印刷大きな文字で印刷

ホールで芸術文化イベントを!

「芸術文化公演再開緊急支援制度」をスタート

豊岡市民会館 文化ホール

 新型コロナウイルス感染症対策に伴い、現在全国的にホール施設の収容人数が制限されています。
 この制限により、ホールを使用した地域の文化イベントや有料のコンサートが開催しづらい状況になっています。
 そこで豊岡市では、市内のホールで芸術文化公演を実施する場合に施設使用料の一部を減免する制度を新たに設け、芸術文化活動の再開を支援する取組みを始めます。
 コロナ以前の状況に戻ることは簡単ではありませんが、少しずつ日常を取り戻す一助として、ぜひこの制度を活用してください。

1 減免を実施する施設

  •  豊岡市民会館 文化ホール
  •  豊岡市民プラザ 多目的ホール(ほっとステージ)
  •  城崎国際アートセンター ホール
  •  日高文化体育館 大ホール
  •  出石永楽館

2 内容

 以下の条件を全て満たす公演(注1)に対し、施設使用料(注2)を2分の1に減免します。

 ・公演の内容が舞台芸術〔音楽、舞踏、演劇、古典芸能、演芸など(注3)〕であること。
 ・2020年7月1日から12月31日までの間に実施される公演であること。
 ・使用する施設の新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドラインを遵守して実施する公演であること。

  注1)公演には、公演のための練習、準備、リハーサル、片付けを含みます。
  注2)減免となる施設使用料は、ホール部分のみ(営利割増分を含む)です。
    附属設備使用料、附属施設(楽屋など)使用料、冷暖房割増分は減免の対象外です。
  注3)実演されるものに限ります(いわゆるライブ中継は対象外です)。
    映画上演会、講演会、研修会、式典は対象外です。

<減免例> 単位:円
  ホール使用料 付属施設(楽
屋等)使用料
付属設備(照
明等)使用料
合   計
基本分(準備、
本番、片付け)
営 利 割 増 冷暖房割増
通常の使用料 70,810 20,750 49,300 23,800 15,340 180,000
減免額 35,405 10,375 (対象外) (対象外) (対象外) 45,780
減免後使用料 35,405 10,375 49,300 23,800 15,340 134,220

 豊岡市民会館における一般的な使用例です。


想定:吹奏楽イベントを土曜日に実施。午前準備、午後本番、夜片付け。入場料は500円、冷房を使用。楽器置き場・控室としてリハーサル室を終日使用し、附属設備を約1万5千円分使用した場合。
注) あくまで一例です。施設使用料、割増の計算方法などは施設により異なります。

3 問合せ

 利用の申込み、制度の詳細、質問などは、各施設に問い合わせてください(下記のリンクを参照してください)。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課 文化振興係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1160 ファクス:0796-29-0054
問合せは専用フォームを利用してください。