退職者医療制度

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1000770  更新日 平成30年8月20日

印刷大きな文字で印刷

 医療の必要性が高まる退職後に、退職者が会社等の健康保険から国民健康保険に加入することにより、国保の保険給付費が増大します。このような医療保険制度間の格差是正のために、退職被保険者本人とその被扶養者に対する保険給付費は、一般の被保険者とは別に会社等の健康保険(社会保険診療報酬支払基金)からの交付金により賄われています。
 国保税の計算方法および保険給付については、一般被保険者と違いはありませんが、退職者医療制度が適正に適用されないと、国保の負担が増大し、国保税の増加につながります
 このため、国保加入者で、退職者医療制度に加入する方は、必ず届出をお願いします。

 注:届出には、年金証書、身分証明書(運転免許証・個人番号カードなど)、印鑑が必要です。

退職者医療制度の対象となる人

 次の条件の全てにあてはまる人(退職被保険者本人)と、その被扶養者です。

  • 国保に加入している人
  • 65歳未満の人
  • 厚生年金や各種共済年金を受けられている人で、その加入期間が20年以上、もしくは40歳以降10年以上ある人

扶養者(扶養家族)とは

 退職被保険者本人と生活を共にし、主に退職被保険者本人の収入によって、生計を維持している下記の条件を全て満たす人

  • 退職被保険者の直系尊属、配偶者(内縁でもよい)と3親等以内の親族、または配偶者の父母と子
  • 国保に加入している人で65歳未満の人
  • 年間の収入が130万円(60歳以上の人や障がい者は180万円)未満の人

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 市民課 国保医療係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9061 ファクス:0796-24-0106
問合せは専用フォームを利用してください。