新型コロナウイルス感染症等の影響により市税の納税が困難な方へ

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1016789  更新日 令和3年4月2日

印刷大きな文字で印刷

徴収の猶予制度の概要・申請書類

対象となる方

 以下1、2のいずれも満たす納税者・特別徴収義務者が対象となります。

 新型コロナウイルス感染症に納税者(家族を含む)がり患された場合のほか、新型コロナウイルス感染症に関連するなどして、以下のようなケースに該当する場合は、猶予制度がありますので、税務課収税係まで相談してください。

  1. 新型コロナウイルス感染症に関連し、以下のようなケースに該当すること
    1. 新型コロナウイルス感染症による消毒作業等により、備品や棚卸資産を廃棄した。
    2. 納税者ご本人または生計を同じにする家族が病気にかかった。
    3. 納税者の方が営む事業について、やむを得ず休廃業をした。
    4. 納税者の方が営む事業について、著しい損失を受けた。
    5.  1~4のいずれかに該当する事実に類する事実がある場合

      注:給与所得者の方が失業した、収入が著しく減少した等の場合も対象になります。
  2. 一時に納付・納入を行うことが困難であること
     

申請期限

 申請期限はありませんが、猶予期間の始期は原則として申請日からになります。

担保の提供

 徴収猶予の適用を受ける場合は、原則として担保を提供していただく必要があります。
 ただし、猶予を受けようとする金額が100万円以下、猶予を受けようとする期間が3カ月以内の場合、また、担保を提供することができない事情があると認められる場合は担保の提供は必要ありません。

担保として提供できる主な財産の種類には、次のようなものがあります。

  • 国債や地方債などの有価証券
  • 土地、建物などの不動産
  • 市長が確実と認める保証人の保証 など

効果

  • 最大1年間(延長の要件を満たす場合はあわせて最大2年間)納税が猶予されます。
  • 猶予期間中の延滞金が一部または全額免除されます。

申請書類

 徴収猶予の申請にあたっては、次の書類を提出してください。

  • 豊岡市徴収猶予申請書
  • 豊岡市財産収支状況書
  • 上記「対象となる方」記載の要件に該当することを証する書類
    注:診断書、廃業届、決算書類、給与明細、離職票など

 担保に関する書類〔担保が不要の場合(猶予を受けようとする金額が100万円以下、期間が3月以下の場合等)〕は必要ありません。

注意事項

 徴収猶予を受けるには法令で定められた要件を満たす必要がありますので、申請前に電話で相談してください。
 申請書の提出後、徴収猶予の要件を満たすか審査を行い、結果を申請者に通知します。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

豊岡市役所
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-2575