市長放送(2022年3月22日)

ページ番号1021121  更新日 令和4年3月23日

印刷大きな文字で印刷

放送日時:2022年3月22日午後7時15分、23日午前7時30分

 市民の皆さん、豊岡市長の関貫久仁郎です。

 3月22日(火曜日)豊岡健康福祉事務所管内で、新たに6人の方が新型コロナウイルス検査の結果、陽性であったことが判明しました。19日(土曜日)は22人、20日(日曜日)は17人、21日(祝)は5人で、本日を含めた4日間の平均は12.5人となっています。兵庫県全体では、629人の陽性者が判明しています。

 兵庫県をはじめとする18都道府県に出されていた「まん延防止等重点措置」が3月21日をもって解除されました。

 これからの年度末から新年度の初めにかけて、進学や就職、歓送迎会など、人の移動や多くの人が集まる機会、会食の機会が多くなる時期を迎えますが、兵庫県では「感染再拡大防止徹底要請」として、県民に対し(1)基本的な感染症対策の徹底、(2)リスクの高い行動の回避、(3)ワクチンの積極的な接種を引き続き呼びかけています。

 感染の拡大を防止するため、市民が出来る感染症対策として「部屋の対角線上の窓を少し開けるなど十分な換気をする。感染拡大地域との往来は自粛する」「同居家族以外と会食するときは、アクリル板の設置などの感染症対策がされている飲食店を選ぶ」「三密を避ける」「会話をする時はマスクを着用する」「建物への出入りの際には手指の消毒をする」等の基本的な感染症対策の徹底を改めてお願いします。

 これからも引き続き、市民一丸となって、感染拡大防止に頑張って行きましょう。

 次に、ウクライナ支援募金への協力のお願いです。

 ロシアの侵攻により、困難な状況にあるウクライナの人たちを支援するため、市役所本庁および各振興局を始め、市の施設、28カ所に募金箱を設置しました。豊岡市には昨年までの3年間、ウクライナ出身のジュリアナ・コーガンさんという国際交流員が在籍し、海外に向けて豊岡市のPR活動に尽力してくれていました。

 少なからずウクライナと縁のあった私たちとして、連帯の気持ちを表したいと思い、5月末までの予定で、募金活動を行っています。皆さまのご協力をお願いいたします。集められた支援金は、日本ユニセフ協会「ウクライナ緊急募金」へ送金し、ウクライナの子どもたちと、その家族の支援に役立てていただきます。また、本庁舎前の稽古堂では、毎日、夕方の6時から夜10時まで、ウクライナの国旗をイメージしたライトアップを行っています。

 1日も早い事態の収束を、市民の皆様方と共に願いたいと思います。詳細は豊岡市ホームページをご確認ください。また、問合わせは豊岡市大交流課、電話番号21-9016までお願いします。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

豊岡市役所
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-2575