市長放送(2021年4月22・23日)

ページ番号1016981  更新日 令和3年4月22日

印刷大きな文字で印刷

放送日時:2021年4月22日午後7時30分~、23日午前7時15分~ 前野副市長による放送

 市民の皆様、副市長の前野文孝です。市長に代わって放送いたします。

 4月22日、市内で確認された新規陽性者はありませんでした。

 今日は、新たなコロナ経済対策についてお知らせします。

 今回も急を要したことから、市議会の皆さまの理解を得て、議会を開くことなく市長において予算を決定する「専決補正」を行いました。その内容についてです。

 まず、住宅等改修支援事業「Reform豊岡」についてです。

 コロナの影響を受けて停滞する建築需要を呼び起こすため、先般、市民の皆さまが行う住宅等のリフォーム工事に対して補助金を交付する「Reform豊岡」制度を立ち上げました。今月28日までの受付期間の途中の段階ではありますが、すでに補助申請額にして約1億円、その工事費、つまり建築需要に換算して約7億円もの申請をいただいています。

 当初想定した予算額を大きく超える状況となりましたが、市としては予算枠を拡大し、受付けを継続することにしました。6,000万円の予算額を、2億円に増額します。市民の皆さまと市との協働で、建築・設備事業者の事業継続を支えてまいりたいと思います。

 制度の詳細につきましては、市のホームページをご覧になるか、市役所環境経済課までお問い合わせください。

 次に、従業員の休業に対する「雇用調整助成金」に関することです。

 この4月まで、国はコロナの特例措置を設けて休業時の助成金を充実し、雇用維持を図る企業を力強く応援してきました。しかし1年を経過した今、5月からは、助成金を段階的に減額していく方針を打ち出しています。

 一方で、コロナは第4波が急拡大の様相を呈しています。市内には、今なお休業を交えながら何とか事業を継続し、雇用調整助成金によって雇用を維持している企業が数多くあります。しかも、緊急事態宣言発出の動きもあり、再び先が見通せない状況になってきました。

 そこで、国が減額しようとする助成金相当額を、市が給付金として補うこととし、市内企業を支援することとしました。解雇等を行わない企業に対する5月と6月、2カ月間の支援を想定し、予算額は4,000万円です。

 仕事をするということは、人が生きていく上で、生活の糧であると同時に心の糧でもあります。企業の皆さまにとっては非常に厳しい状況が続きますが、何とか雇用を維持し、踏ん張っていただきたいと思います。

 こちらも、詳しくは、市のホームページをご覧になるか、市役所環境経済課までお問い合わせください。

 今後も、市内の状況をよく見て、敏感に感じ取り、機敏に対応してまいります。

 引き続き、感染予防を徹底しつつ、市民と行政が一致団結してまちづくりを進めていきましょう。

 

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

豊岡市役所
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-2575