県の対処方針の変更を受けた6月1日からの豊岡市の対応(2020年5月31日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011514  更新日 令和2年5月31日

印刷大きな文字で印刷

放送日時:2020年5日31日午前7時30分、午後0時5分、午後7時30分

 豊岡市から6月1日からの新型コロナウイルス感染症への対応についてお知らせします。
 5月25日をもって全ての都道府県で緊急事態宣言が解除され、新型コロナウイルス感染症対策の緊急事態措置はなくなりました。
 しかし、新型コロナウイルス感染症に対する治療方法はまだ確立されていません。
 引き続き、感染に対する警戒が必要です。


 兵庫県では、感染者の急激な増加を防止するため、「不要不急の外出の自粛に努めること」、また、特に「6月18日までは、首都圏や北海道、さらには京都や大阪、神戸など感染者が多く発生していた人口密集地への不要不急の移動の自粛の要請」をお願いしています。ただし、この意味は、あくまで「不要不急の移動の自粛」であり、通勤や通学、業務に必要な出張等は除きます。


 次に 催し物についてですが「全国的かつ大規模なものは中止又は延期を」、また、それ以外の催し物についても、適切な感染防止対策の実施を行ったうえで開催いただくよう協力を要請しています。
 具体的には、屋内での催し物は、「100人以下、かつ定員の半分の参加人数」、屋外での催し物は、「200人以下、かつ人との距離を十分に確保すること」などです。
 市では、県の措置の見直しを受け、6月1日から、市立の公共施設の対応について次の通りといたします。
これまでは、施設の利用者は原則県民に限ること、また、会議室等の室内施設についても「呼吸が荒くなる運動」や「歌声サークルのような歌唱を伴うもの」の利用を制限させていただいていましたが「3密の回避、できるだけ2m、最低でも1mの身体的距離を保つこと、マスクの着用」などの徹底をいただいたうえ、6月1日から、この2つの制限はなくなります。
 詳しくは、市のホームページをご覧いただくか、施設に直接お問い合わせください。


「緊急事態宣言」の解除を受け、5月31日をもって、県の休業要請も全て解除されますが、感染防止対策の徹底が前提での解除です。クラスター発生があった場合には、施設の使用制限等を含めて、施設管理者へ必要な協力等を要請するとされています。
 感染リスクはゼロにならないことを受け入れた上で、誰もが安心して暮らせる日常を取り戻すため、引き続きご協力をお願いします。

 

 

このページに関する問合せ

豊岡市役所
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-2575