市長放送(2020年5月5・6日)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011332  更新日 令和2年5月7日

印刷大きな文字で印刷

放送日時:2020年5日5日午後7時10分~、6日午前7時30分~

 市民の皆様、豊岡市長の中貝宗治です。

 5月5日午後7時の段階で、市内で新型コロナウイルスの感染者は確認されていません。感染して豊岡病院に入院しておられる方もありません。

 国の緊急事態宣言が5月31日まで延長され、これを受けて改めて兵庫県の対処方針が出されました。

 引き続き、外出自粛の徹底、府県域を超えた移動等の自粛、スーパーや公園等での「密」を回避すること、イベント・集会等を原則中止または延期すること等が求められています。

 世界中の人々が新型コロナウイルスと闘っています。その中で私たちができることは、何といっても人との接触機会を極力減らすことです。外出の自粛等について、どうかよろしくお願いします。

 学校や社会教育施設についても、引き続き休業・休館をするよう要請がなされています。

 そこで、市の施設について検討しました。

 まず、市立の幼稚園、小中学校については、既に5月31日まで休園・休校を延長することを決めています。
 しかし、新学期早々に休園・休校とし、特に入門期の新1年生には、勉強の仕方を学ぶ機会すらないまま、自宅待機を強いる結果となっています。
 そのことによって子どもたちにどのような課題が生じているか、現在保護者アンケート等を通じて調査中です。
 その結果を踏まえ、登校可能日の設定や登校方法、学校給食の在り方等について、市の教育委員会と一緒になって協議し、5月7日中に判断したいと考えています。その概要は、改めてお知らせします。

 図書館は、5月4日に出された国の対処方針において開放も可能とされていること、多くの社会教育施設が休館となる中で、子どもたちを始め人々の学びの場として重要であること等から、感染予防対策を厳重にとった上で、5月8日から開館することにしました。
 市立美術館、モンゴル博物館、歴史博物館は、換気の機能が必ずしも十分でないため、引き続き休館とします。

 屋内スポーツ施設は引き続き休業しますが、屋外スポーツ施設については、一定の条件の下に、市民に限り5月8日から使用を再開します。

 市の施設全般について、詳しくは市のホームページをご覧ください。

 最後に、いくつかの支援策についてです。
 先日、新型コロナウイルスに関する国、県、市等の支援の概要をまとめたチラシを全戸配布しました。市役所は現在休日も窓口を開けています。遠慮なく電話等でお問い合わせください。

 関心の高い、国民一人当たり10万円の特別定額給付金については、システム改修に時間を要するため、5月下旬に世帯主あて申込用紙を発送する予定です。申請書を提出いただいたのち、できるだけ早く振り込みをさせていただきたいと考えています。
 なお、ひとり親家庭、就学援助家庭、住居確保給付金の対象世帯等については、5月7日以降早急に申請用紙を発送します。

 次に、奨学金についてです。市は、新型コロナウイルスで学費の支払い等に困っておられる方を対象に、無利子の奨学金の対象者を再募集しています。貸与額は、大学・短大が年間535,800円、高校生等が年間118,800円です。募集期間は5月7日から5月29日間の間です。最初の6カ月分を7月下旬に貸与します。詳しくは、教育委員会教育総務課または各振興局地域振興課までお問い合わせください。

 最後に一つ、エピソードを。
 市の支援策は、4月27日、臨時議会で関連予算が可決されました。早速5月1日に、創業間もない方への給付金の申請が3件ありました。受付後、担当した職員は「とても喜んでいただいた」と自らの喜びを私たちに伝えてきました。今後も、私たちは、苦境に立ち向かう市民の皆様を支援し、役立つことを自らの喜びとエネルギーにして、この困難に立ち向かってまいります。

このページに関する問合せ

豊岡市役所
〒668-8666 兵庫県豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-1111 ファクス:0796-24-2575