予防接種における異なるワクチン間の接種間隔の変更について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011965  更新日 令和2年9月25日

印刷大きな文字で印刷

異なるワクチン間の接種間隔が一部撤廃されます

 今までは、異なるワクチン同士を接種する場合、接種してから次のワクチンを接種するまでに一定の間隔を空ける必要がありました。

 しかし、定期接種実施要領の改正に伴い、2020年10月1日から、異なるワクチン同士を接種する場合に限り、接種間隔の制限が一部撤廃されます。
 今後は、注射生ワクチン同士を接種する場合のみ、27日以上の間隔を空けることになり、他のワクチンの組合せについては制限がなくなります

 ただし、同じ種類のワクチンを複数回接種する場合の接種間隔の制限は従来どおりとなりますのでご注意ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 おやこ支援室
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-9604 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。