若年がん患者妊よう性温存治療費助成事業【事業は終了しました】

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009593  更新日 令和3年4月19日

印刷大きな文字で印刷

 豊岡市では、将来、子どもを産み育てることを望むがん患者の方が将来に希望を持ってがん治療に取り組んでいただけるよう、妊よう性温存治療(注)に係る費用の一部を助成していましたが、本事業は終了しました。

 本事業で対象となっていた方は、今後、国による新事業『小児・AYA世代のがん患者等の妊孕性温存療法研究促進事業』での対象者となり、兵庫県に申請することとなります。

 詳細は、下記外部リンク(兵庫県ホームページ)をして確認ください。

(注)妊よう性温存治療とは

 生殖機能が低下する、または失うおそれのあるがん治療に際して

  •  精子、卵子、卵巣組織を採取し、凍結保存するまでの医療行為
  •  卵子を採取し、受精させ、胚(受精卵)を凍結保存するまでの医療行為

 をいいます。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 保健医療政策係
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-1127 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。