体を動かして免疫力を高め、感染症を予防しましょう

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011167  更新日 令和2年4月21日

印刷大きな文字で印刷

 新型コロナウイルスの影響で外出を控えた結果、運動不足になる人が増えています。
 運動不足は免疫力の低下にもつながると言われています。
 自宅でできる体操で運動不足を解消し、心と体の健康づくりに取り組みましょう。

外出自粛がもたらす健康への影響

外出自粛に伴う運動不足を防ぎましょう

免疫力と運動負荷量の関係
免疫力と運動負荷量の関係 
 出典  Nieman ; Med Scl Sports Exerc 26, 1994

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため外出を控えた結果、運動不足になる人が増えています。

 運動不足になると、次のような健康への二次被害が現れることがあります。

  •  免疫力の低下
     :適度な運動は感染リスクを弱めます
         (図参照)
  •  持病の悪化(糖尿病や高血圧など)
  •  筋力低下による転倒、骨折
  •  ストレスによる心の病気
  •  認知機能の低下

 

 健康二次被害を防ぐために、

  ラジオ体操やウオーキング、筋力トレーニングなど自分に合った方法で体を動かしましょう!

  感染症対策は、手洗い×バランスの良い食事×適度な運動です!!

 

 

動かない時間を少しでも減らしましょう

手軽にできる散歩で子どもたちに笑顔を!

 人混みを避けて、日の当たる場所を自分のペースで歩きましょう。

 子どもや孫と一緒だと更に楽しく歩けて、長続きしやすい上に、お互いのストレス解消にもつながります。

 そして、あなたの“歩く(歩数)”を運動健康ポイントにして、子どもたちに笑顔をプレゼントしませんか?

 スマホアプリ『とよおか歩子』は、スマホを携帯するだけで歩数を自動管理し、目標歩数の達成状況によりポイントが貯まる仕組みです。

 貯めたポイントは市内の学校園等に寄付が可能で、子どもたちの学校生活のために使われます。

1日10分の“元気もん体操”で筋力を維持!

“元気もん体操”とは、熊本大学の都竹茂樹教授 監修のもと、豊岡市用に作成された運動プログラム。

ゆっくり行うスロー筋トレが特徴で、豊岡市内各所で行われている『玄さん元気教室』で実施している筋力トレーニングです。

自分の体力に合わせて、一種目からでも始めてみませんか?

膝や腰など関節に痛みがある場合は、運動を中止してください。
 

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 健康増進課 健康まちづくり推進室
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-21-9095 ファクス:0796-24-9605
問合せは専用フォームを利用してください。