2021年度 太陽光発電システム(住宅用)・定置型リチウムイオン蓄電池システム(住宅用)の設置を支援します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1013012  更新日 令和3年4月6日

印刷大きな文字で印刷

 自然エネルギーの利用を促進し、地球温暖化を防止するため、太陽光発電システム(住宅用)・定置型リチウムイオン蓄電池システムの設置にかかる費用の一部を、いずれも予算の範囲内で補助します。

受付期間

 2021年2月1日(月曜日)~2022年2月28日(月曜日)

 上記の期間内であっても、補助金予算の残額がなくなった時点で、受付を終了します。

補助金額

太陽光発電システム

 太陽電池出力1kW当たり3万円(上限4kW)
 注:豊岡市内産パネルを使用する場合、1kW当たり4万円(上限4kW)

定置型リチウムイオン蓄電池システム

 蓄電池容量1kWh当たり2万円(上限6kWh)

対象者

 豊岡市内に住所を有し、自らが居住する住宅に設置する方、または新たに豊岡市内の住宅に居住する市外居住者で当該住宅に設置する方
 2022年3月31日までに、実績報告書を提出できる見込みの方に限ります。

対象経費

太陽光発電システム

 太陽電池モジュール、架台、インバータ、保護装置、接続箱、直流側開閉器、交流側開閉器、配線の購入・設置にかかる費用

定置型リチウムイオン蓄電池イステム

 定置用リチウムイオン蓄電池本体(国が2017年以降に実施する補助事業における補助対象システムとして、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)に登録されているもの)の購入費

申請方法

 補助対象設備の工事に着手する10日前までに、申請書類を生活環境課に提出してください。
 持参の他、郵送、各振興局窓口での提出も可能です。

《注意事項》

  • 補助金交付決定前に着工した場合は、補助金交付対象外となります。
  • 書類に不備等がある場合、手続きに時間がかかることがあります。申請書類は余裕をもって提出してください。
  • 振興局で提出した場合、生活環境課に届くまで約1営業日かかります。

申請書類

  • 補助金交付申請書
  • 市町村税を滞納していない旨の証明書
     豊岡市民は「証明願」を税務課または各振興局市民福祉課に提出して証明書を取得してください。
     転入者は転入元の自治体で、滞納がない旨が証明できる書類(完納証明書等)を取得してください。
  • 工事請負契約書の写し
     費用の内訳が確認できるもの
     「工事請負契約書の写し」と「内訳書」の提出も可
  • 工事着手前の現況写真
     太陽光パネルまたは蓄電池が設置されていないことが分かる写真
  • 設置承諾書
     申請者と設置する住宅の所有者が同じ場合は不要

注意事項

  • 太陽光発電システムを施工する者として豊岡市の登録を受けた法人または個人事業者(登録申請書類を提出、随時受付)と施工契約を締結していること
  • 城崎温泉、出石城下町、江原駅東地区の景観形成重点地区では、豊岡市との事前協議が必要です。
  • 出石重要伝統的建造物群保存地区に指定されている区域では、原則として設置できません。
  • 他の地域でも一定規模以上であれば事前に協議が必要となる場合があります。

その他の様式

 設置工事が完了(太陽光パネルの場合は電力受給契約の締結完了)したら「補助事業実績報告書」を提出してください。また、申請内容に下記の変更が生じる場合は「計画変更承認申請書」を提出してください。

  • 補助金交付申請額の増加
  • 工事完了予定日の変更(完了が翌年度になる場合のみ)

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

市民生活部 生活環境課 地球温暖化防止対策室
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9136 ファクス:0796-23-0915
問合せは専用フォームを利用してください。