新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の給付

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017666  更新日 令和3年12月10日

印刷大きな文字で印刷

 社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付を利用できない世帯に、就労による自立を図ることや生活保護の受給につなげるため支援金を支給します。

 申請期間が2022年3月31日(木曜日)まで延長となり、再支給(最大3カ月)が可能となりました。

支援金の概要

対象

 社会福祉協議会が実施する緊急小口資金等の特例貸付における総合支援資金の貸付を受け、借入額が貸付限度額に達しているなどの事情で、これ以上特例貸付を利用できない方  

 注:2022年1月1日以降は緊急小口資金、総合支援資金(初回)を借り終わった方も対象となります。

支給要件

 収入、資産等の要件あり
 ⇒詳しくは下部の添付ファイル「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」を参照してください。

支給額 

 単身世帯6万円、2人世帯8万円、3人以上世帯10万円

支給期間

 3カ月
 注:再支給(最大3カ月)も可能

申請期間

 2021年7月1日(木曜日)~2022年3月31日(木曜日)
 注:土・日曜日、祝日除く

支給のための手続き

 窓口の混雑を避けるため、まずは電話で社会福祉課(電話番号24-7031)まで問い合わせてください。
 支援金の支給に必要な申請書類や申請方法を案内します。

【問合せ】
 
社会福祉課 生活活援護係
 電話番号:24-7031

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

健康福祉部 社会福祉課 生活援護係
〒668-0046 豊岡市立野町12番12号
電話:0796-24-7031 ファクス:0796-24-4516
問合せは専用フォームを利用してください。