市民会館 ご利用案内

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1002116  更新日 令和2年4月2日

印刷大きな文字で印刷

写真1
ホール棟
写真2
会館棟

施設使用前

  1. 使用日の使用施設の空き状況を確認ください。
  2. 使用許可申請書の提出し、施設使用料を納付してください。(郵送・ファクス・Eメール受付可)
  3. 施設使用(ホール棟)に際し、打ち合わせが必要な場合、使用日の15日前までにホール担当者と打ち合わせを行ってください。

施設使用当日

  1. 会館棟1階事務所にて、使用施設の鍵と点検表を受け渡します。
  2. 施設使用後は、後片付けを行い、ごみ等は使用者が責任をもって持ち帰りください。(原状回復)
  3. 使用施設の鍵の返却と点検表を提出してください。
  4. 付属設備使用料・冷暖房費等を清算してください。

施設の使用(使用許可申請書の提出)

施設の使用については、使用される施設の空き状況を確認後、使用許可申請書に必要事項を記入の上、豊岡市民会館窓口に提出ください。
使用許可申請書は、下記の使用許可申請書の提出期間において、郵送・ファクス・Eメールでも受付しています。

使用許可申請書の提出期間

文化ホール

使用しようとする日の属する月の12月前の月の初日(月の初日が休館日に当たるときは、休館日の翌日。以下同じ。)から使用しようとする日の20日前までの日。

文化ホール以外の施設

使用しようとする日の属する月の6月前の月の初日から使用しようとする日の5日前までの日。ただし、文化ホールと併用して使用する場合は、前項に規定する期間。

付属設備

使用しようとする施設等の区分に応じ、前2項に規定する期間

施設の使用時間と使用の制限

  • 午前:午前9時~正午
  • 午後:午後1時~5時
  • 夜間:午後6時~10時
  1. 練習・本番を問わず、荷物等の搬入・搬出、掃除、後片付けも使用時間に含まれます。
  2. 各施設の使用につきましては、5日を超える使用、また、特定の曜日を指定した定期的使用はできません。

施設の休館日

毎週火曜日・年末年始(12月29日~翌年1月3日)

施設使用料の納付

施設使用料は、使用許可申請書の提出に納付してください。使用料につきましては、施設・付属設備使用料を確認ください。

施設使用の変更

施設使用内容に変更が生じた場合、速やかに連絡をいただき、使用許可申請書を持参の上、使用変更許可申請書を提出をしてください。変更に伴う使用料の精算を行います。

施設使用料の還付

  1. 使用者の責めに帰することができない事由により、使用できなくなったとき。(納付した使用料の全額)
  2. 条例第9条2項の規定により、市長が会館の管理上又は公益上やむを得ない必要が生じたとして同条第1項に規定する処分をしたとき。(納付した使用料の全額)
  3. 使用者が施設を使用する日の5日前の日(5日前の日が休館日にあたるときは、休館日の前日)まで、文化ホールにあっては20日前の日(20日前の日が休館日にあたるときは、休館日の前日)までに、市長に申し出て、使用の許可の取り消しを受け、又は第7条第2項に規定する変更の許可を受けた場合で、市長が相当の理由があると認めたとき。(納付した使用料の8割に相当する額)
  4. 前3項に掲げるもののほか、市長が特別の理由があると認めるとき。(市長が定める額)

使用許可の取消し

  1. 市の条例若しくは条例に基づく規則、又はこれらに基づく指示に違反したとき。
  2. 許可された使用目的以外の目的に施設を使用したとき。
  3. 許可に付した条件に違反したとき。
  4. 詐欺その他不正の行為により許可を受けたとき。
  5. 公の秩序または善良な風俗を害するおそれがあると認められるとき。
  6. 会館の建物、器具、備品等を汚損し、損傷し又は減失させるおそれがあると認められるとき。
  7. 暴力団、その他反社会的団体又はそれらの構成員が使用すると認められるとき。
  8. 管理上又は公益上支障があると認められるとき。
  9. その他、市長が不適当と認めるとき。

行為の禁止

  1. 火災、爆発その他の危険を生ずるおそれがある行為。
  2. 騒音又は大声を発し、暴力を用い、その他他人の迷惑になるおそれがある行為。
  3. 建物等を汚損し、損傷し、又は滅失させるおそれがある行為。
  4. 所定の場所以外の場所での飲食又は喫煙。
  5. 所定の場所以外の場所への立入り。
  6. 物品の販売(許可を受けた場合を除く)
  7. 広告類の掲示又は配布(許可を受けた場合を除く)
  8. 会館の管理上支障があると認める行為。

損害の賠償等

建物等を汚損し、損傷し、又は滅失させた者は、これを原状に回復し、又はその損害を賠償しなければならない。

使用後の点検

使用者は、会館の施設の使用を終了したときは、係員の点検を受けなければならない。

その他注意事項

ホール棟

  1. 事前打ち合わせ
    施設の使用に際し、打ち合わせが必要な場合、使用日の15日前までに、必要書類(スケジュール・進行表・プログラム・舞台図等)を持参のうえ、ホール担当者と打ち合わせを行ってください。注:打ち合わせ・下見等の日程については、事前に連絡をお願いします。
  2. 関係機関への届出と申請
    裸火・火薬類等や著作権等を使用される場合につきましては、使用者が消防署等への届出、各著作権協会への申請を行ってください。
  3. 広告物
    ポスター・チラシ等の広告物を作成される場合、問合せ先として豊岡市民会館の電話・ファクス番号等を掲載することは控えてください。また、所定の場所以外でのポスター等の掲示、壁・ガラス・扉等に文字を書く、釘を打つ、テープを貼る等の行為は禁止します。

会館棟

  1. 案内板の使用
    会場案内などを行う場合、備え付けの案内板をご利用ください。壁等に、テープ・押しピン等を使用し掲示することは禁止します。
  2. マイク設備の使用
    大会議室(4階)のマイク設備を使用する場合、必ず操作マニュアルを確認のうえ、適切に使用してください。
  3. その他備品を使用する場合、必ず1階事務室に連絡してから使用してください。
  4. 物品の移動
    展示等で施設内の備品を移動する場合、必ず職員の指示に従ってください。移動の際、壁等を傷つけたり物品を破損することのないよう丁寧に取り扱いください。
  5. 給湯設備
    給湯設備は各階に常設しています。給湯室のポット・湯呑・お盆等を使用する場合、使用後は洗って所定の位置に戻しください。
    注:電気ポットを使用する場合、付属設備使用料が発生します。必ず1階事務室に連絡してから使用してください。

ホール・会館棟共通事項

  1. 事故、急病人が発生した場合、会館棟1階事務室にも連絡してください。
  2. 災害の発生に備え、非常口の確認・入場者の避難誘導・緊急連絡先等を事前に確認ください。なお非常口・消火設備・防火扉周辺には物を置かないでください。
  3. 施設内に濡れた傘を持ち込まないでください。傘袋を使用するか、傘立てをご利用ください。
  4. 施設使用当日(連続使用の場合は最終日)、追加の附属設備使用料・冷暖房費等が発生した場合は、早急に清算を行ってください。
  5. 事務用品(マグネット・ホワイトボードマーカー・チョーク等)の貸出しを希望される場合は、1階事務室に問い合わせください。
    注:お茶の葉等は使用者で用意ください。 

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課 市民会館
〒668-0046 豊岡市立野町20番34号
電話:0796-23-0255 ファクス:0796-24-0952
問合せは専用フォームを利用してください。