豊岡市立美術館 特別展「かこさとし絵本展」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1017577  更新日 令和3年7月19日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 観賞・コンサート(見る・聴く)

開催エリア:出石地域

特別展「かこさとし絵本展」

書影「コウノトリのコウちゃん」ちゃん
かこさとし「コウノトリのコウちゃん」(小峰書店)
開催期間

令和3年7月17日(土曜日)から令和3年9月26日(日曜日)まで

開催時間

午前9時30分から午後5時まで
(入館は午後4時30分まで)

対象

誰でも、未就学児、親子・家族

開催場所

豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
美術館 アクセス

内容

 日本を代表する絵本作家・かこさとしさんの絵本原画・複製原画を展示。絵本に関連して、コウノトリ野生復帰への取り組みなど豊岡市の魅力も紹介します。
 原画を展示する絵本とグッズの販売や、絵本読み聞かせ・粘土ワークショップなどの関連イベントも開催します。

原画を展示予定の絵本

『コウノトリのこうちゃん』(小峰書店)全国初!全場面公開

ほかにも『だるまちゃんとてんぐちゃん』(福音館書店)や『からすのパンやさん』(偕成社)など絵本10作品より、原画の保護目的で作られた高精細な複製画の展示をします。

かこさとし(加古里子)さんのプロフィール

 1926年福井県武生町(現・越前市)生まれ。東京大学工学部応用化学科卒。工学博士、技術士(科学)。民間会社の研究所在職中、セツルメント活動に従事し、子どもたちに向けて紙芝居などを制作。1959年に「だむのおじさんたち」で絵本作家デビュー。独立後は作家活動とともに、児童文化の研究者としても幅広く活動。

「だるまちゃん」「からすのパンやさん」シリーズや「どろぼうがっこう」「かわ」「海」などの化学読本、「伝承遊び考」ほか、著書は600冊以上。菊池寛賞(2008年)、日本化学会特別功労賞(2009年)。2018年逝去、享年92歳。

申込み

不要


《かこさとし絵本展関連イベントの申込み先》
 豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
 電話:0796 52 5456

 注:イベントの申込みは2021年7月2日(金曜日)から受付開始、定員になり次第終了
休館日
毎週水曜日
入館料

一般600円/大学・高校生400円/中学生以下200円

注:身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳を提示の方は半額(障害者手帳アプリ「ミライロID」を含みます。また、介護が必要な場合は介護の方1人も対象です。)
注:ココロンカードの提示で中学生以下無料
注:みらい応援制度(ひとり親家庭文化芸術鑑賞支援事業)の対象事業です

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課 豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
〒668-0214 豊岡市出石町内町98番地
電話:0796-52-5456 ファクス:0796-53-2088
問合せは専用フォームを利用してください。