豊岡市立美術館 特別展「羽尻利門絵本原画展」

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1009482  更新日 令和2年10月26日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 観賞・コンサート(見る・聴く)

開催エリア:出石地域

このイベントは終了しました。

特別展「羽尻利門絵本原画展」

「羽尻利門絵本原画展」出品作品
羽尻利門 作・絵「夏がきた」(あすなろ書房)
開催期間

令和2年8月1日(土曜日)から令和2年9月27日(日曜日)まで

開催時間

午前9時30分から午後5時まで
(入館は午後4時30分まで)

対象

誰でも、未就学児、親子・家族

開催場所

豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
美術館 アクセス

内容

 豊岡市但東町出身で、日本の風景や表情豊かな子どもたちを描く絵本作家、羽尻利門さんの原画展。本展では、夏の1日を描いた絵本『夏がきた』をはじめ、新作絵本などの原画を50点以上展示します。
 原画を展示する絵本とグッズの販売や、絵本を作るワークショップなどの関連イベントも開催します。

原画を展示予定の絵本

  • 羽尻利門 作・絵『夏がきた』(あすなろ書房)
  • 有田奈央・作 羽尻利門・絵『すき』(少年写真新聞社)
  • 有田奈央・作 羽尻利門・絵『帰り道』(新日本出版社)

羽尻利門さんのプロフィール

 1980年但東町出身、京都育ち。立命館大学国際関係学部卒。現在、徳島県阿南市在住。郷愁あふれる風景や、表情豊かな子どもたちを描き、絵本・児童書・学校教科書の挿絵などを手がける。代表作は、今回出品作以外に、「わくわく!れっしゃでかぞくりょこう」(サトシン・作、交通新聞社)、「やめろ、スカタン!」(くすのきしげのり・作、小学館)他多数。

羽尻利門さんによるギャラリートーク

 2020年8月22日(土曜日)午後1時から午後2時30分まで
 申込み不要、参加無料(別途入館料が必要)
 注:新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入場制限を実施する場合があります。

羽尻利門作画えほんよみきかせ会(協力:豊岡市立図書館)

 豊岡市立図書館のスタッフが、羽尻利門さんが絵を書いた絵本を読み聞かせします。
 申込み不要、参加無料(美術館のみ別途入館料が必要)

読み聞かせ会の日程
日にち 時間 会場
8月2日(日曜日) 午前10時30分から 豊岡市立美術館-伊藤清永記念館-
8月29日(土曜日) 午前10時30分から

豊岡市立図書館本館(豊岡市京町5-28)

9月12日(土曜日) 午前10時30分から

合橋地区コミュニティセンター・研修室(豊岡市但東町出合150)

問合わせは同敷地内の豊岡市立図書館・但東分館

休館日
毎週水曜日
入館料

一般600円/大学・高校生400円/中学生以下200円

注:障害者手帳を所持している方は半額
注:ココロンカードの提示で中学生以下無料
注:みらい応援制度(ひとり親家庭文化芸術鑑賞支援事業)の対象事業です

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化振興課 豊岡市立美術館「伊藤清永記念館」
〒668-0214 豊岡市出石町内町98番地
電話:0796-52-5456 ファクス:0796-53-2088
問合せは専用フォームを利用してください。