「豊岡市新文化会館整備基本構想」を策定しました

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1007387  更新日 平成31年4月1日

印刷大きな文字で印刷

 豊岡市民会館と旧出石文化会館は、開館以来、豊岡市における文化活動の拠点として利用されてきました。
 しかし、それぞれの施設そのものや設備の老朽化が進み、安全性や快適性の確保が必要な状況となっています。そこで、両館のホール機能を統合する形で、新たな文化会館を整備することとしました。

 構想策定に当たっては、市民アンケート調査や関連団体ヒアリング、市民ワークショップ等を通して幅広く意見をいただきました。
 こうした幅広い意見を参考とするとともに、市内外の公共施設の状況、全国の先進事例や最近の文化芸術の動向などを踏まえ、新文化会館整備に向けた基本構想を策定しました。

 基本構想の詳細は、下部からダウンロードしてご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 新文化会館整備推進室
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9130 ファクス:0796-29-0054
問合せは専用フォームを利用してください。