【宿泊事業者向け】市民市内宿泊促進事業「STAY 豊岡」事業対象施設の募集

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011527  更新日 令和2年6月25日

印刷大きな文字で印刷

「STAY豊岡」

「STAY(ステイ) 豊岡」事業対象施設を募集します!

 国の緊急事態宣言の解除を受け、県の休業要請も解除されました。感染リスクはゼロにはならないことを受け入れた上で、第2波の到来を警戒しながらも、“そろりそろり”と平常を取り戻していく局面に入りました。

 そこで、まずは市民の市内宿泊を促進することにより、新型コロナウイルス感染症の影響で大きな打撃を受けている宿泊業を応援する「STAY豊岡」を実施します。

 「STAY豊岡」参加希望宿泊施設は、事業内容を確認し、「STAY豊岡」実施届出書を提出してください。

「STAY豊岡」事業対象施設募集について

対象施設

次の1と2を全て満たす施設 

  1. 旅館業法(昭和23年法律第138号)に規定する旅館業の営業許可を受けている者が営む施設
  2. 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会等が作成した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」などを参考に感染防止対策を講じている施設

    注)ガイドラインに記載のある全ての感染防止策を求めるものではありません。ガイドラインを参考に、各施設で対応可能な感染予防策を講じてください。

 

事業対象施設が実施すること

  • 事業対象施設は、「豊岡市市民市内宿泊促進事業「STAY豊岡」補助金」の交付申請書の提出、実績報告の作成および提出、補助金の受領に係る権限を市民から受任し、当該手続きを行うものとする。
  • さらに「STAY豊岡」事業実施に関する豊岡市からの問い合わせ等に対応する。

    注)事業対象施設は、交付申請書類(2枚)を準備してください(申請書類を、持参された利用者への配布は不要です)。申請書類は、豊岡市役所本庁2階大交流課または各振興局地域振興課で受け取りが可能ですので、お手数ですが、各窓口へお願いします。

「STAY豊岡」事業対象施設募集要項

事業対象施設対応手順説明資料

 

 

参加方法

 豊岡市市民市内宿泊促進事業「STAY豊岡」実施届出書(様式第1号)を下記問い合わせ先に提出してください。
 注)事業対象施設は、市ホームページに掲載します(更新作業は、平日のみとなります)。

市民市内宿泊促進事業「STAY豊岡」実施届出書

「STAY豊岡」ロゴデータの提供について

「STAY豊岡」ロゴデータ提供を希望する事業対象施設は、豊岡市役所大交流課にメールで連絡してください。
メール件名は【「STAY豊岡」ロゴデータ提供希望】としてください。

 

 

 

「STAY豊岡」事業概要

事業の目的・趣旨

1 域内消費促進による宿泊施設応援

  • 豊岡市の基盤産業として位置付ける観光業の中心である宿泊事業者に対して緊急的応援を行います。
  • 域内消費を促すため、市民に宿泊施設に対する応援を呼びかけます。
  • 国が、今後実施する予定の観光需要喚起策「Go To キャンペーン」を見据え、切れ目のない観光施策とします。

2 市民や宿泊事業関係者の不安の軽減

  • 市外から急激に多くのお客様をお迎えすることを不安に思う方もあるため、まずは、市民自らが宿泊することで、不安の緩和に役立てます。
  • 市民を対象にすることで、従業員の不安を和らげながら実際の接客を通じてモチベーションの維持につなげます。

事業内容

 市民が事業対象施設(「STAY豊岡」実施宿泊施設のみ)に宿泊した場合の宿泊料金の一部を補助します。

1  補助対象者

 家族またはこれに類する近親者で事業対象施設に宿泊した市民(7月は、市民同士の宿泊も可能とする)。
   豊岡市に在住する外国人、単身赴任等により住民票を異動せずに豊岡市内にお住まいの方も対象です。

2  補助率

 基本的な宿泊料金の2分の1(100円未満切り捨て)。上限1人1泊当たり10,000円。

注) 基本的な宿泊料金とは、宿泊プランに含まれる客室料金および食事料金です。
ただし、飲食等の追加料金、サービス料、税等は除きます。

3 事業対象期間

 2020年6月1日(月曜日)から2020年7月31日(金曜日)までの間の宿泊。

 ただし、予算の上限に達した場合は、事業を終了します。

4   事業対象施設

 次の条件を全て満たし、「STAY豊岡」実施届出書を豊岡市に提出した宿泊施設

  • 旅館業法の営業許可を受けている者が運営している施設
  • 全国旅館ホテル生活衛生同業組合連合会等が作成した「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」等を参考に、感染予防対策に講じている宿泊施設

5 補助対象宿泊回数

 制限なし

 

市民利用方法

1.事業対象施設の宿泊を予約する

   電話等で直接予約する。予約時に「STAY豊岡」を利用」と伝える。

注)施設によっては、市内旅行代理店や他社予約サイトでの予約も補助対象としている場合があります。
詳細は、下記事業対象施設でご確認ください。

注)【他社予約サイトで予約した場合】は、宿泊日までに、宿泊者が豊岡市役所に補助金申請書〔2.(1)〕を提出する必要があります。下記の利用手順とは異なりますので注意してください。事前申請がない場合は、補助対象となりません。

 

2.次の書類(補助金申請書類)を作成する。

 「STAY豊岡」を利用するためには、補助金の交付申請手続きが必要です。
 注)7月に市民同士のグループで宿泊する場合は、宿泊者それぞれが申請書類を作成してください。


 交付申請に必要な書類は次のとおりです。

 (1) 補助金等交付申請書兼誓約書(様式第2号) 注)必ず押印する
 (2) 補助金等実績報告書兼交付請求書兼受領委任状(様式第4号) 注)必ず押印する

 

【申請書取得方法】

≪事前に補助金申請書類を作成する場合≫

  • 豊岡市ホームページからダウンロードする。
  • 豊岡市役所本庁舎2階大交流課または各振興局地域振興課で受け取る。

チェックイン時に、事業対象施設で作成する場合≫

  • チェックイン時に、宿泊する事業対象施設で補助金申請書類を受け取る。
    注)印鑑を持参してください。

 

3.【宿泊当日】 2 の補助金申請書類(2枚)と本人確認書類を持参し、宿泊施設へ。

≪本人確認書類例≫

 運転免許証、健康保険証など

 注)単身赴任等により、住民票を異動せずに市内にお住まいの方は、市内に居住していることがわかる書類(例:住所が確認できる公共料金の領収証等)の提示が必要です。

 

4.事業対象施設にチェックインする際、補助金申請書類を提出する。本人確認書類を提示する。

 

5.宿泊料金支払い時に、補助金額を除いた代金を宿泊施設へ支払う。

 補助金額は、基本的な宿泊料金の2分の1の金額(100円未満切り捨て)。上限は、1人1泊当たり10,000円
 注) 「基本的な宿泊料金」とは、宿泊プランに含まれる客室料金および食事料金です。ただし、飲食等の追加料金、サービス料、税等は除きます。

 

6.チェックアウト

 

 


補助金申請書類


 

【市民向け】「STAY豊岡」紹介ページ

 

担当・問い合わせ先

豊岡市環境経済部大交流課大交流係

電話 0796-21-9016 ファクス 0796-22-3872
(午前8時30分から午後5時15分まで。土・日曜日、祝日を除く)

メール kankou@city.toyooka.lg.jp promotion@city.toyooka.lg.jp

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

環境経済部 大交流課 大交流係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9016 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。