2019植村直己冒険賞授賞式・記念講演会を開催します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011761  更新日 令和2年6月30日

印刷大きな文字で印刷

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため延期していた、2019「植村直己冒険賞」の授賞式を開催します。

イベントカテゴリ: 式典 講座・教室・講演(学ぶ・聞く)

2019植村直己冒険賞授賞式・記念講演会を開催します!

受賞者は岩本光弘さん、ブラインドセーリングで太平洋無寄港横断に成功

岩本光弘さんの写真
写真提供:株式会社舵社

≪プロフィール≫

岩本光弘(いわもと みつひろ)さん

1966年12月27日、熊本県天草市生まれ。指鍼術師。13歳で残存視力を失い始め、16歳で全盲となる。1988年3月熊本県盲学校専攻科理療科卒。1989年、23歳の時に広い世界を見たいと、奨学金を得てSan Francisco State Universityに留学(~1991年)。1992年、26歳の時に筑波大学付属盲学校で教員として勤務する傍ら、青山学院大学で心理学を学ぶ(~2006年)。2002年、自宅近所の千葉県稲毛マリーナのレンタルヨットの存在を知り、中高時代ヨットをしていた妻に誘われて初セーリングをする。2006年、米カリフォルニア州サンディエゴに移住。著書「見えないからこそ見えた光」(ユサブル)。売り上げの一部は国際視覚障碍者援護協会に寄付する。

注:ブラインドセーリングとは、視覚障がい者(ブラインド)と、晴眼者(サイテッド)が、役割を分担してヨットを操船すること。

開催日

令和2年7月25日(土曜日)

開催時間

午後1時30分 から 午後3時 まで

(開場 午後0時30分)

対象

誰でも

開催場所

日高文化体育館(豊岡市日高町祢布954-6)

内容
  1. 授賞式
    ⑴あいさつ 豊岡市長
    ⑵ 冒険賞の授与 メダル、楯および副賞(100万円)
    ⑶選考評 選考委員(国立民族博物館名誉教授)石毛直道
  2. 受賞記念講演会
    演題 「夢に向かって一歩踏み出せ ~二度の太平洋横断から得たもの~」
申込み

不要

主催
豊岡市
持ち物
マスクの着用をお願いします。

イベント情報をiPhone・iPad端末のカレンダーに取り込めます。
カレンダーへの取り込みについて説明を読む

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 生涯学習課 生涯学習係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-23-0341 ファクス:0796-29-0054
問合せは専用フォームを利用してください。