2020年 温泉まつり

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1011343  更新日 令和2年5月11日

印刷大きな文字で印刷

一の湯

 4月23・24日、城崎温泉街にて城崎温泉の開祖である道智上人(どうちしょうにん)の命日を偲び、温泉の無事湧出や繁栄を祈る「温泉まつり」が開催されました。

 例年であれば、平安時代の装束姿に身を包んだ古典行列や、華やかな衣装の稚児行列が開山忌法要で行われ、露店やイベントで賑わう春の風物詩です。

 しかし、今年は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、道智上人の法要と湯祈祷のみが厳かに執り行われ、新型コロナウイルス感染症の早期収束も合わせて祈願されました。

道智上人と城崎温泉の歴史

 西暦717年、諸国を巡る道智上人は城崎温泉の地へ訪れました。

 そこで「全ての人の苦しみを除きたい」と1000日の間、八曼荼羅経(はちまんだらきょう)というお経を唱え続けたところ、720年に温泉が湧き出たと伝えられています。

 その後、道智上人は永く温泉が栄えるようにと温泉寺を開創されました。

まんだら湯

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

環境経済部 大交流課 大交流係
〒668-8666 豊岡市中央町2番4号
電話:0796-21-9016 ファクス:0796-22-3872
問合せは専用フォームを利用してください。