第88回企画展 古代モンゴル「岩画」1万年の世界 ~漢字のルーツと原初の美を求めて~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1024035  更新日 令和4年10月27日

印刷大きな文字で印刷

1万年以上前から人類が岩石に刻んだ「岩画」の拓本18点を公開

「神の鹿」と呼ばれる岩画は、世界初公開!

岩画チラシ

 モンゴル西部のアルタイ山脈などには、1万年以上前から人類が岩石に刻んだ「岩画」が多数存在し、世界文化遺産にも登録されています。
 馬・羊などの動物の狩りの様子や世界初公開となる「神の鹿」を描いた拓本18点に調査時の写真を交え、その魅力を紹介します。

会期

2022年11月13日(日曜日)~2023年4月18日(火曜日)

午前9時30分~午後5時(ただし入館は午後4時30分まで)

会場
豊岡市立日本・モンゴル民族博物館
休館日

水曜日(ただし祝日の場合はその翌日)

年末年始(12月28日~1月4日)

入館料

一般500円 高大生300円 小中生250円

注:身体障害者手帳等をお持ちの方は半額

注:兵庫県内の小中学生はココロンカード提示で無料

岩画調査

神の鹿

 関連イベント

ギャラリートーク「『岩画』の魅力と漢字のルーツを求めて

  • 日時
    • 2022年11月27日(日曜日)午後1時半~午後3時
    • 2023年  3月12日(日曜日)午後1時半~午後3時
  • 講師 岡本光平さん(現代書家、岩画拓本提供者)
  • 定員 各回30人(事前申込みが必要です。)
  • 場所 当館展示会場(入館料が必要です。) 
  • 申込 電話またはファクスで申し込んでください。 

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いウェブサイトにするために、ページの感想を聞かせてください。

質問:このページの情報は役にたちましたか?
質問:このページの内容は分かりやすかったですか?
質問:このページは見つけやすかったですか?

このページに関するご質問やご意見は、「このページに記載されている情報の担当課」までお問い合わせください

このページに関する問合せ

地域コミュニティ振興部 文化・スポーツ振興課 日本・モンゴル民族博物館
〒668-0345 豊岡市但東町中山711番地
電話:0796-56-1000 ファクス:0796-56-1022
問合せは専用フォームを利用してください。