一人暮らし高齢者等安心・見守り活動奨励金

一人暮らし高齢者等安心・見守り活動奨励金

 市では、外出機会が少なく、孤立しがちな高齢者等が地域とのつながりを持ち、安心・安全に、いきいきと暮らせる地域づくりを推進することを目的に、平成30年度から新たに「一人暮らし高齢者等安心・見守り活動奨励金」制度を実施します。

1  奨励金交付先
   区(町内会)
 

2 対象活動
   見守り対象高齢者等を定期的な訪問や集う場で見守りを行う。

見守り対象者 (1)75歳以上の一人暮らし高齢者
(2)75歳以上の高齢者のみに属する高齢者
(3)その他、独居者等見守りが必要な者
見守り活動主体 区がその区の実情に応じて実施する。
 (例 区役員、隣保長、福祉委員、老人クラブ、民生委員、
    民生協力委員、一般区民等で組織を作るなど)
見守り活動の内容 対象者に月2回程度、訪問や集う場などで声かけを行う。
(見守りを実施した際は、実施日とどういう時に行ったか記録する)

 
 

3 奨励金
(1)奨励金額

区の区分
(4月1日現在の行政区内に住民登録をしている75歳以上の高齢者数。ただし、高齢者施設に住民登録のあるものは除く)
奨励金額
(年額)
24人以下の区 2万円
25~49人の区 2万5千円
50~99人の区 4万5千円
100~149人の区 8万5千円
150人以上の区 12万5千円

   (注)10月以降に実施する場合は、上記金額の半額。

(2)奨励金の使途   
    使途に制限はなし。 


4 奨励金受給必要書類
(1)奨励金交付申請書、奨励金交付請求書
(2)奨励金活動実績報告書、添付書類(一人暮らし高齢者等安心・見守り活動報告書)
下部から様式をダウンロードしてご記入ください。



ダウンロード

問合せ

健康福祉部 高年介護課 高齢者支援係
Tel:0796-29-0055
Fax:0796-29-3144
E-mail:kounenkaigo@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?