平成29年度「台風23号メモリアル水防訓練」を実施しました!

国・県・市の行政職員が初参加!
~水災害の最前線で行われる水防活動を学ぶ~

 円山川流域で大きな被害が発生した平成16年の台風23号水害を今一度振り返り、記憶の風化を防ぐとともに、水害による被害を最小限にとどめるため、豊岡消防団と国・県・市の行政職員(新任職員等の若手職員)、地元高校生が一体となって水防訓練を実施しました。
 今年度は初めて行政職員の研修として位置付け、土のう積み等の実体験を通じて、水災害の最前線で行われる消防団による水防活動の一端に触れることで、水防技術と水防災意識・知識の向上を図りました。
 
1 日時 平成29年10月7日 午前8時30分~正午
 
2 場所 六方河川防災ステーション(立野拠点)
      ※平成16年台風23号立野大橋東詰付近堤防決壊場所
 
3 内容
 (1) 座学
 国土交通省豊岡河川国道事務所が、円山川等の河川水位に関する事項等の説明と保有する災害対策車両等の展示説明を実施するとともに、豊岡消防団が土のうの製作方法と積み土のう工法について説明
 (2) 実技
 消防団員が講師となり、実際に土のうを製作するとともに、製作した土のうを使って土のうを積みを実施
 
4 参加機関
 (1) 豊岡市豊岡消防団
 (2) 豊岡市(消防本部含む)
 (3) 国土交通省近畿地方整備局豊岡河川国道事務所
 (4) 兵庫県但馬県民局
 (5) 兵庫県立豊岡総合高校
 
5 主催  豊岡市、豊岡市豊岡消防団
 
6 共催  国土交通省近畿地方整備局豊岡河川国道事務所、兵庫県但馬県民局  
 
整列     国交省の説明
▲総勢約220人が参加   ▲豊岡河川国道事務所からの説明
土のう製作     積み土のう工
▲土のう製作   ▲積み土のう工
月の輪工     釜段工
▲月の輪工   ▲釜段工

 


問合せ

政策調整部 防災課
Tel:0796-23-1111
Fax:0796-24-5932
E-mail:bousai@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?