B型肝炎任意予防接種助成事業を実施します

B型肝炎任意予防接種助成事業を実施します

 

平成28年10月にB型肝炎の予防接種が定期化されたことに伴い、経過措置として、下記のとおり、B型肝炎任意予防接種の助成を実施します。
接種を希望する方は、下記接種方法(助成手続き)に沿って、接種を受けてください。
 
対象者
市内に住所を有する平成27年4月1日から平成28年3月31日までに生まれた方
助成(接種)期間
平成29年2月1日から平成30年3月31日までの接種
対象年齢であっても、上記助成(接種)期間以外に接種した分については公費助成の対象とはなりませんので、注意してください。
 本助成事業は、上記対象者のB型肝炎ワクチンの接種率を向上させ、集団感染のリスクの低減・予防を目的とするものです。
接種対象外
HBs抗原陽性の者の胎内または産道においてB型肝炎ウイルスに感染した恐れのある方であって、抗HBs人免疫グロブリンの投与に併せて組換え沈降B型肝炎ワクチンの投与を受けたことのある方
費用
無料(全額公費負担)
接種方法
(助成手続き)
(1) 接種を希望する方は、市役所健康増進課(立野庁舎)または各振興局市民福祉課(保健師駐在日:城崎・竹野→火曜日、日高・出石・但東→木曜日)で、母子手帳を持参の上、「任意接種用 B型肝炎予防接種予診票」の交付を受けてください。
(2) 下記協力医療機関に電話で予約してください。
(3) 接種日には注意事項をよく読み、体温を測定し、母子手帳および市発行の任意接種用予診票を持参して接種を受けてください。
接種間隔
合計3回の接種
2回目接種:1回目の接種から27日以上の間隔を空ける
3回目接種:1回目の接種から139日以上の間隔を空ける
ワクチンの種類
ワクチンは以下の2種類あり、いずれかの接種となります。
●ビームゲン
●ヘプタバックス(ラテックスアレルギーのある子どもは、接種する前に必ず主治医に相談してください)
 
 ※長期療養等の事情で、市外での接種を希望する方は、健康増進課(24-1127)に問い合わせてください。


ダウンロード

問合せ

健康福祉部 健康増進課
Tel:0796-24-1127
Fax:0796-24-9605
E-mail:kenkou@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?