北近畿豊岡自動車道路「八鹿日高道路」が3月25日(土)午後6時に開通します

北近畿豊岡自動車道路「八鹿日高道路」が3月25日(土)午後6時に開通

 国土交通省で整備が進められている、北近畿豊岡自動車道「八鹿日高道路」が、平成29年3月25日(土)午後6時に開通することとなりました。
 今回の開通で、豊岡市と阪神地域間が約10分短縮されるとともに、地方創生への多大な寄与が期待されています。
 
北近畿豊岡自動車道の整備により、以下の効果が期待されます。
 ・大規模災害時にも寸断されることなく、災害時に助けに行く道、助けに来てもらう道としての「危機管理の“道”
 ・第三次救急医療機関(重篤な救命救急患者に対応する医療機関)である豊岡病院への搬送時間を短縮する「いのちの“道”
 ・城崎温泉や神鍋高原、出石、コウノトリ、山陰海岸ジオパークなど豊富な観光資源への集客や交流人口の増加、物流の利便性向上等、地域経済の活性化に寄与する「大交流の“道”
 
今後も引き続き、北近畿豊岡自動車道全線の早期開通を目指して、事業促進に努めます。
 

ルート図

懸垂幕



関連情報

問合せ

都市整備部 建設課 高規格道路建設推進室
Tel:0796-23-1115
Fax:0796-24-8254
E-mail:kensetsu@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?