Toyooka Art Season 2016キックオフイベント とよおかアート縁日を開催しました!

Toyooka Art Season 2016キックオフイベント
とよおかアート縁日を開催しました!

 平成28年7月から11月まで、全部で34の文化・芸術プログラムを行うToyooka Art Season 2016(豊岡アートシーズン2016)。
 そのキックオフイベントとして7月22日「とよおかアート縁日」を開催しました。

 午後3時30分~8時まで、会場の豊岡市民プラザには、文化施設など豊岡で文化・芸術に関わる団体による「豊岡のアートを楽しむ」ブース、市内の飲食店による「豊岡の食を楽しむ」ブースが立ち並び、約650人が参加しました。

 午後4時からと、6時からの2部制で行われたステージプログラムでは、近畿大学附属豊岡高等学校筝曲部の演奏に始まり、Toyooka Art Season 2016関連アーティストなどが出演して、豊岡の文化・芸術の魅力を発信しました。

 Toyooka Art Season 2016では、これから11月までダンス、演劇、コンサート、展覧会といったさまざまなプログラムを行います。
 それぞれのプログラムで、皆さんのお越しをお待ちしています!

◆ステージプログラム 【1】部
近畿大学附属高校筝曲部
▲近畿大学附属豊岡高等学校筝曲部の演奏で開幕
対談
▲平田オリザさん(市芸術文化参与)と但馬内の高校生のトーク。平田さんから高校生へ、高校生活で大切にするべきことなどのアドバイスをいただきました。マックス=フィリップ・アッシェンブレンナーさん、平田参与対談
▲マックス=フィリップ・アッシェンブレンナーさん(演劇プロデューサー、城崎国際アートセンター滞在アーティスト)と平田オリザさんの対談。城崎の町とアートセンターの印象などをお話していただきました。


▲南河内万歳一座・座長の内藤裕敬さんと内藤さん作・演出の演劇『あらし』出演者の皆さんによる作品紹介

▲県立豊岡高等学校音楽部の演奏


▲県立出石高等学校の書道パフォーマンス

◆ステージプログラム 【2】部

▲司会の春歌亭丹波さん

▲おでかけ訪問コンサート 但馬出身アーティスト「響谷アンサンブル」によるミニコンサート

▲平田オリザさんと中貝市長の対談。豊岡の文化・芸術を取り巻く環境について、また文化・芸術を通じた若者への魅力発信について語られました。

▲平和を願う朗読劇・豊岡2016『祈り―1945』より一部朗読

▲おんぷの祭典 アンサンブルの演奏

◆ブースプログラム

▲「豊岡のアートを楽しむ」ブース

▲「豊岡の食を楽しむ」ブース

公式Webサイト →→→ http://arts-tabi.jp/artseason2016/
公式Facebookページ →→→ https://www.facebook.com/toyooka.artseason/

【問合せ】
Toyooka Art Season 2016 事務局(地域コミュニティ振興部文化振興課内)
〒668-8666 豊岡市中央町2-4
TEL 0796-23-1160 FAX 0796-29-0054
メール bunka@city.toyooka.lg.jp
 



関連情報

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?