豊岡稽古堂塾 第4期塾生募集!

「第4期豊岡稽古堂塾」塾生を募集します!
〔申込期限:5月16日(火)〕 

logo 

 市では、未来の豊岡市を担う人材を育成するため「豊岡稽古堂塾」を開講し、受講生を募集します。

 「豊岡稽古堂塾」は、講義・演習(年間16回)、グループワークで、戦略的に考え、実行する能力の養成を目指します。

 また、グループワークを民間の方と市職員が一緒に行うことなどを通じ、民・官を越えたネットワークづくりを図ります。

1 「第4期 豊岡稽古堂塾」概要

 (1) 期間 平成29年5月26日(金)~12月5日(火) 全16回

 (2) 会場 豊岡稽古堂 3階ほか

 (3) 内容
  ア 講義、演習(年間テーマ:地域を活かすビジネスのプランを考える)
  イ グループで事業計画作成・発表

 (4) 時間 午後7時~ 2時間程度

 詳細は、募集要項をご覧ください。 こちらからダウンロードできます。

 

2 受講者募集
 (1) 対象 20~40歳代で、地域や各事業所の未来を担う意欲がある方

 (2) 定員 20人(うち市職員は10人)
  ※応募者多数の場合は、受講動機や職業、年齢、性別等のバランスを考慮し、塾生を決定します。

 (3) 受講料 年間30,000円。なお、納付済みの受講料は返還しません。

 (4) 申込期間 平成29年4月21日(金)~5月16日(火)

 (5) 申込方法 申込書をダウンロードし、メールで送付してください。
           こちらからダウンロードできます。

 (6) その他 全講義の6割以上に出席し、かつ、グループで事業計画を作成した受講生には、修了証を授与します。

 

《参考》

稽古堂とは

 8代豊岡藩主京極高行が創設した藩校。天保4(1833)年に仮学舎を設け、天保6(1835)年に学舎を新築した。その当時は藩財政が窮乏していたにもかかわらず、文教政策に力を注ぐという藩政改革を進めた。明治4(1871)年に廃藩置県に伴い閉校。
 稽古堂では、漢学のほか、礼儀、洋学などが教えられた。藩士の子は7歳になると必ず入学し、有望な者には藩費で遊学させた。生徒は藩士の子弟に限らず、庶民や他藩の者も入学を許された。生徒数は約220人にのぼり、そうした中から浜尾 新(東京帝大総長)、久保田譲(文部大臣)、和田垣謙三(経済学者)、吉村寅太郎(第四高等学校長)といった教育界に名だたる人材が育っていった。
 今回の塾の会場となる「豊岡稽古堂」は、この稽古堂にちなんで命名した。 



関連情報


ダウンロード

問合せ

環境経済部 エコバレー推進課
Tel:0796-23-4480
Fax:0796-22-3872
E-mail:ecovalley@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?