平成27年度 防災学習会を実施しました

平成27年度 防災学習会

~地域の災害対応能力を高めるために~

を開催しました

 平成16年10月20日に発生した台風23号による災害から今年で11年が経過しました。
 
 市では、つぎのとおり防災学習会を開催しました。
 
 1 日 時  平成27年10月18日(日)午前10時~11時30分
 2 会 場  豊岡市民プラザ
 3 内 容  講演、子ども向け防災教室、防災パネル展示
 4 来場者  約200人
 5 共 催  近畿地方整備局豊岡河川国道事務所・兵庫県・豊岡市
 6 協 力  兵庫県防災士会但馬エリア豊岡ブロック
 
 
 ほっとステージでは、中貝市長が「平成16年台風23号の振り返りと地域防災リーダーの皆さんに望むこと」について講演しました。
 中貝市長は、台風23号襲来時に、市災害対策本部で指揮を執ったことを写真を交えて振り返り、会場の参加者がその経験を追体験しました。
 中貝市長は、これからの防災として、隣近所など地域の支え合いと、災害に遭う前に「早く、賢く、さっさと逃げる」ことが大切だと訴えました。
 
 1 
▲中貝市長
 
 
 続いて、奈良女子大学准教授の西村雄一郎さんが「ICTの利活用による新たな学校防災教育の潮流」と題して、講演しました。
 西村准教授は、長野県の学校での緊急地震速報を活用した事例を紹介し、情報技術の活用と、地域ごとに防災マップを作り、情報を共有することを提案しました。
 
 
2
▲奈良女子大学 西村准教授
 
  また、交流サロンでは、兵庫県防災士会但馬エリア豊岡ブロックの協力を得て子ども向けの防災教室を開催しました。土石流の実験、ペットボトルの中に雲を作る体験、防災すごろく、非常持ち出し品の展示等で、参加した子どもたちは楽しく防災について学びました。
 さらに、防災パネル展として平成16年台風23号等、過去の水害の状況や水害から命や財産を守るための取組みを紹介しました。
 
3
▲避難するときに何を持って行く?
 
 
4
▲ペットボトルで雲を作ろう!
 
 
 5
▲土砂災害の実験の様子
 
   
 市では、今後も、台風23号の水害経験を風化させることなく、防災・減災対策に生かしていくため、引き続き、災害文化の伝承についての取組みを進めます。

問合せ

政策調整部 防災課
Tel:0796-23-1111
Fax:0796-24-5932
E-mail:bousai@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?