中筋小学校の児童が沖永良部島で地域の中で学んだことを発表しました

中筋小学校の児童が沖永良部島で地域の中で学んだことを発表しました

中筋小学校の児童の発表

 鹿児島県沖永良部島は、豊岡市と同様に「ライフスタイルデザイン」に取り組んでいます。

 平成27年8月29日(土)、沖永良部島で、持続可能な島を目指して「第6回沖永良部シンポジウム」が開催されました。300人を超える島内外の参加者が「さすてぃなぶる あいらんど(持続可能な島)」について考えました。

 その中で、実行委員会から招待された中筋小学校6年生の児童12人が、豊岡市ライフスタイルデザインプロジェクトで取り組んだ内容や地域の中で学んだことから「加陽湿地の生きもの調査~生きものがかかわり合い、安心して暮らせるために~」を発表しました。

 この発表は「児童たちが、学習や体験を通し、自分たちでこの考えを持てたことが素晴らしい」と大変高い評価を得ました(発表画像については、後日配信します)。
 


 詳しくは、こちら「中筋地区公民館ホームページ」をご覧ください。

 



関連情報


リンク


問合せ

環境経済部 エコバレー推進課 環境経済係
Tel:0796-23-4480
Fax:0796-22-3872
E-mail:ecovalley@city.toyooka.lg.jp
このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?